プロフィール

小出遥子(こいではるこ)

1984年生まれ。新潟県出身。
文筆家。「Aメソッド」発案・指導者。
執筆、瞑想・対話指導、講演活動などを通して、ありとあらゆる宗教、思想の違いを超えた「本来的ないのち」のあり方を探究中。
瞑想と対話によって「いのち」を体感する道、「Aメソッド」発案 。毎朝6時からツイキャスにて「ラジオ瞑想」を生放送し、その手法を広くシェアしている。
著書に『教えて、お坊さん!「さとり」ってなんですか』(KADOKAWA)、共著に『青虫は一度溶けて蝶になる: 私・世界・人生のパラダイムシフト』(春秋社)など。ウェブマガジン『仏像ワールド』にて「小出遥子のさとり探究記」、『仏教井戸端トーク』にて「テラ未来予想図」(釈徹宗氏との往復書簡)を連載中