依存させない・依存しない・でもかかわっている

2018年9月20日

「依存させない・依存しない・でもかかわっている」。セラピストのカワムラタマミさんのご著書に書いてあったことば。これ、ありとあらゆる人間関係の上で、ものすごく大事な態度だと思うんです。こういう態度を、なんの気負いもなく、さらっと体現しているのが、真のリーダーなんだよね。

相手は相手のままに、自分は自分のままに、ただ「かかわる」ということができたとき、そこには純粋な心地よさがある。こういう関係性が、私は好きだな。

「私には私の足がある」
「あなたにはあなたの足がある」
「私は私の足で、あなたはあなたの足で、
それぞれの道を、しっかり歩んでいこうね」
「がんばろうね」

こういう爽やかなコミュニケーションが、私は好きです。

「依存」と「愛情」を履き違えないようにね。

ほかでもない自分の足で人生を歩みはじめたとき、
そして、その地点から「他者」をフラットに眺めたとき、
人は、「愛」ということばのほんとうの意味を知るのだと思います。

私たちには「力」がある。
大丈夫ですよ。
まずは一歩、踏み出してみましょうか。

 

よい一日をお過ごしください◎