「ラジオ瞑想」はじめました

2018年10月4日

今朝から開始した「ラジオ瞑想(第一・第二)」ですが、これは「自分を変える」ために行うものではありません。むしろ「変える必要なんかどこにもなかったじゃん!」と気づいていくためのものです。まあ、そこに至れば、結果としていろんなことが「変わっていく」のですが、それはあくまでオマケです。

同様に、この瞑想は「自分を受けいれる」ために行うものではありません。むしろ「受けいれられなくても問題なかったじゃん!」ということに気づいていくためのものです。でも、面白いことに、そこに至れば、結果的にいろいろなことがごく自然に「受けいれられていく」のですが、それもあくまでオマケです。

まあ、気負わず、気楽に、たのしんでやってみてください。この瞑想に「失敗」はありませんから。ということで、明日も朝6時から6時半まで「ラジオ瞑想」放送します!

ということで、昨日、2018年10月3日の早朝6時に
突如はじまった、小出遥子の「ラジオ瞑想」。
みなさま、おたのしみいただけましたでしょうか?

一昨日の朝、ぼんやりしていたら、ふと、
「ラジオ体操ならぬラジオ瞑想があったら素敵だなあ」
というアイディアが降ってきてしまいまして。

「ないなら私が作ればいいじゃない!」ということで、
ほとんど次の瞬間には各種SNSで「やります!」宣言をしていました。

はい、そうです。私の得意技は「見切り発車」です(笑)。
スタートダッシュが肝心。
あとはやりながら考えればいいだけの話ですからね。

そんな「ラジオ瞑想」ですが、
昨日お聞きくださった方はお分かりのように、
「ラジオ瞑想第一」と「第二」に分かれています。

「第一」は、あたまに上っている気を、
吐く息とともに、おなかに下ろしておさめていく瞑想。

「第二」は、おなかでの呼吸を続けながら、
神や仏の目線で、いまの自分を「ただ、見る」という瞑想。

どちらも、数年前から、私が瞑想とも思わずに、
ごく自然に、ほぼ毎瞬やっていたことです。

ほんの少し前に、
「あれ、これ、少し工夫すれば、人にも伝えられるのでは……?」
と思いついた瞬間がありましてね。

(※そのときのブログはコチラ

「第一」と「第二」を合わせて「A(エー)メソッド」と呼ぶことにしました。

Aメソッドの最大の特徴は、「失敗」がないということです。

これはやっているうちにわかるようになると思うのですが、
Aメソッドって、正確に言えば「自分がやる」ものじゃないんですよね。

「自分がやる」までもなく、すでに、すべては「なされている」。
そのことに気づいていくのが、Aメソッドのキモの部分になります。

だから、冒頭で少し厳しいことを言いましたけれど、
なにかを期待して瞑想に取り組んでも、実はぜんぜんOK! なんですね。

なにかを期待している自分がいる場合は、
そんな自分を、「透明な目」になって、ただ、見ればいい。

何度も言いますが、Aメソッドに失敗はありません!
自分がやるものではないので、失敗なんかしようがないのです。

だから、どうか、深刻になりすぎずに!(笑)
「なんか気持ちいいから、今日もラジオ瞑想たのしむかな!」ぐらいの気持ちで、
気楽に取り組んでみてくださいね〜。

ということで、今日もこのあと6時から30分間(20分じゃ足りませんでした。笑)
一緒に瞑想をたのしみましょう!

お待ちしております。

小出遥子の「ラジオ瞑想」
毎朝6:00-6:30

https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide