それは「ある」

2018年10月10日

それは「ある」。見え「ない」。聞こえ「ない」。嗅げ「ない」。味わえ「ない」。触れられ「ない」。認識でき「ない」。でも、それは「ある」んだ。「ない」というかたちで「ある」。それが「いのち」。いま、いのちがわたしを生きている。いま、いのちがあなたを生きている。

「それ」には、色もないし、かたちもないし、
音もないし、味もないし、匂いもない。

でも、だからこそ「それ」は、
ありとあらゆる色を、かたちを、音を、味を、匂いを、
絶えることなく生み出し続けているのだ。

「それ」は「ある」。
「ない」というかたちで「ある」。

いま、この瞬間も「ある」。
私とともに、確実に、「ある」。

「いま」も、「私」も、「それ」なのだから。

……今日の文章、意味がわからなくて当然です(笑)。
私本人だって「意味」なんかわかっていないです(笑)。

でも、あたまで理解はできなくても、
おなかでなにかを感じることはできるでしょう。

その「なにか」を、大切にしていきましょう。

 

今日もこのあと朝6時から「ラジオ瞑想」生放送です。
「それ」を感じる一助となれたらうれしいです。
初心者の方もやりやすいように、できるだけ丁寧にガイダンスを入れています。
お気軽にご参加くださいね。お待ちしています◎

小出遥子の「ラジオ瞑想」
毎朝6:00-6:30

https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide