ノージャッジな自分になりたいなら

2018年10月30日

最近、やけに人間臭く、情にもろくなっている小出です。

昨日書いたような「争わない生き方」、
つまりは「ノージャッジな生き方」が板についてくると同時に、
逆に「人情味溢れる肝っ玉かあちゃん」みたいな人格が、
自分の中心に「どーーーん」と居座ってしまったのは、
我がことながら非常に興味深い現象でして……。

自分は自分の人生を、相手は相手の人生を、
それぞれ懸命に生きているのだ。

生きとし生けるもの、みな、愛おしき生命体だ。
たとえ傍目にどんなに醜く汚れているように見えていたとしても、
「いのち」そのものはいつだってピカピカに輝いていて、
ただただうつくしくあるだけなのだ。

……って、そんな感覚が、いつだってベースにあって、
その上で、こころの底から安心して、
他人や自分にやさしくできたり、
ときに厳しく接したりできる。みたいな感じ。

自分がいつからこんな風に生きられるようになったのかは
まったく定かではないのですが……。

でもね、ただひとつ言えるのは、
いつも「ラジオ瞑想」でやっている
「透明な目で、いまの自分を、ただ、見る」というワーク。
これを続けていくと、「ノージャッジな生き方」は、
(あくまで結果として)ごく自然に身についていくと思います。

いや、いくらジャッジしてもいいんですよ。
なにを感じて、なにを思い、なにを考えても、すべてオッケーです。

でも、その「ジャッジをしている自分に気づいているなにか」、
それをラジオ瞑想では「透明な目」と呼んでいますけれど、
そちら側には、実は、一切のジャッジがないんですね。

その「透明な目」こそが、
自分の本体であると気づくことができれば、
すべての戦いは収束していきます。

「透明な目」は、いま、この瞬間も、自分とともにある。

だから、ほんとうはいつだって「大丈夫」。
「大丈夫」だから、安心して、自分や他人にやさしくしよう。

 

今日もこのあと朝6時から、「ラジオ瞑想」生放送です!
「透明な目」と、ただただともにある時間をたのしんでください。
登録不要。無料放送です。
お気軽にご参加くださいね。お待ちしています◎

小出遥子の「ラジオ瞑想」
毎朝6:00-6:30

https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide

※先日から「ラジオ瞑想」のあとに
「本日の10分トーク」というコンテンツを加えました。
その日ブログに書いたことをもっと詳しく話す時間にしようかと。
「人生をたのしむコツ」をゆる〜くシェアしていきます。
こちらもよろしくお願いします。