「やらなきゃわからないよ」「でも、やってみたらすぐにわかるよ」

2018年11月3日

「あれをやろう!」「これをしよう!」と閃いたとき、それがおなかの声なのか、あたまの声なのか、よくわかりません……。見分け方はありますか? みたいなご質問をよくいただくのですが、それに対する私の回答は超シンプルで「やってみたら?」以上! なんです。

「やらなきゃわからないよ」「でも、やってみたらすぐにわかるよ」以上! 冷たく聞こえますか? でも、それ以上の学びってないと思うんです。

実際にやってみて、時に痛い目を見ながら、そのときの感覚、感触を、こころとからだに刻んでいくんです。自分でやるしかないんですよ。

自分の人生を生きるのは自分しかいない。どんなに仲が良い人でも、自分の人生を代わりに生きてくれる人はいないんです。

私としては、おなかのあたりに「あったかくて、やわらかくて、ひろがっていく」ような感覚があるときはGOサイン、その真逆の感覚があるときはSTOPサインと受け取っています。でも、これはあくまで私個人の感覚です。その人それぞれの感覚、感触ってあると思う。それを、自分で探っていくんです。

これは、厳しくもたのしい旅です。一度はじめたらやめられないですよ。

私たちはいつだって成功ばかりを追い求め、
失敗を過剰に避けようとしてしまいます。

でも、失敗からしか学べないことって多いと思うんです。

失敗って、偉大な「師」ですよ。
そこには痛みが伴うから、学びに対してより真剣になる。

まあ、成功しようと、失敗しようと、ある意味どちらでもいいんです。
そのどちらも、すでに過ぎ去ってここにはないものだから。

過去の成功に酔いしれたり、
逆に過去の失敗に落ち込んだりする暇があるのなら、
ひとつでもいい、そこからなにかを学び、
これからの自分のために役立てていこう。

どんな行動でもいい、
それをやる前の自分の体感、やっているときの体感、
やり終えたときの体感、この3つをじっくりと振り返って、
自分だけの法則を見つけ出すんです。

あくまで「自分だけの」ものでいいんですよ。
すべては「自分が」よりよく生きるためのものなんですから。

で、法則らしきものを見つけたら、今度は実地で試してみるんです。
そして、その過程や結果を虚心坦懐に見つめ、
ふたたび、ひとつひとつ、自分の体感を確かめていくんです。

そうやっていくうちに、あるとき、ふいに、
以前よりもいろいろなことがスムーズに進んでいることに気づきます。
法則が定着した瞬間です。

こうなったらしめたものですね。

こういう風に生きていると、
ほんとうに、すべては学びの種でしかなくて、
その意味で人生には絶対に失敗はないということが、
理屈じゃなく腑に落ちてきます。

あたらしいことをするときは、誰だって怖いです。
私だって怖いです!

でも、自分にはすべてを学びに変えていく力があるのだと、
そのことを確信できるようになったら、
迷うよりもまずは行動! と、
肚を据えて素早く行動できるようになりますよ。

私も今朝からあたらしいことを2つはじめてみました。
「やらなきゃわからないよ」
「でも、やってみたらすぐにわかるよ」
これは、誰よりも、まず、自分に言ってることなんです。

ここからなにがはじまっていくのか。
自分の体感を、愚直に見つめてみようと思います。

「続けられそう!」と思ったら、その時にみなさんにもシェアしますね。

 

今日もこのあと朝6時から、「ラジオ瞑想」生放送です!
深い呼吸と心地よい瞑想で、爽やかに朝を迎えましょう!
登録不要。無料放送です。
お気軽にご参加くださいね。お待ちしています◎

小出遥子の「ラジオ瞑想」
毎朝6:00-6:30
https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide

過去のラジオ瞑想&10分トークは、YouTubeに録音を残してあります。
よろしければチャンネル登録お願いします!