昨日の「答え」は今日の「答え」じゃないし、 今日の「答え」は明日の「答え」じゃない

2018年11月27日

答えが見つからないから苦しいんじゃないよ。答えを握りしめているから苦しいんだよ。

人が苦しみを感じるとき、その手には、かならず、
すでに古びて錆びついてしまった「答え」が握られています。

以前の自分にとって、それは確かに「答え」だったのでしょう。
でも、苦しみをもたらすようになったら、それはもはや「答え」ではありません。

この世に絶対普遍(不変)の「答え」なんかどこにもありません。
どんなに立派に見える「答え」だって、
すべて、「(現時点での、自分にとっての)答え」に過ぎません。

昨日の「答え」は今日の「答え」じゃないし、
今日の「答え」は明日の「答え」じゃないんです。

常に、いまの自分にとっての「答え」を探り続けなきゃいけない。
同時に、過去の「答え」を手放し続けなきゃいけない。

その際の最大のヒントは「体感」です。
とくにおなか、おへその下のあたりの感覚。

ここに、あたたかくて、やわらかくて、ひろがっていくような心地よさがあれば、
そこに、現時点での、自分にとっての「答え」があるということ。
心地よさから外れるような感覚があれは、そこに「答え」はないということ。

からだの感覚は、いまにしか存在できません。
そこにできるだけ素直に、正直になっていくこと。

いのちを生きるって、そういうことなんじゃないのかな。

そして「いのちを生きよう」とする態度こそを、
人は、太古から、「いのり」と呼んできたのではないのかな。

そんなことを感じています。

 

このあと朝6時から、「ラジオ瞑想」生放送です!
「透明な目」で、自分をも含めたすべてを、ただ、眺める。
そんな時間を自分にプレゼントしてあげましょう。
登録不要。無料放送です。
お気軽にご参加くださいね。お待ちしています◎
6時半からの10分トークも、もしよろしければ!

小出遥子の「ラジオ瞑想」
毎朝6:00-6:30
https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide

過去のラジオ瞑想&10分トークは、YouTubeに録音を残してあります。
よろしければチャンネル登録お願いします!