永遠のいま、永遠のいのち

2018年12月1日

昨日は夫の37歳の誕生日でした。

「なにか食べたいものある?」と聞いたら、
「酢豚か、エビチリ」と答えたので、両方作りました。
豪華!!! そして贅沢!!!(笑)

誕生日プレゼントは久留米絣の半纏(はんてん)。
綿がたっぷり入ってぬっくぬくです。
これで寒い冬を乗り切りましょう。
よろこんでもらえてよかったです◎

誰か大切な人の誕生日、
あるいは自分の誕生日を迎えるたびに、
私はなんだか不思議な気分になります。

ぜんぶ、「いま」なんだよな、って。

夫が生まれた瞬間の「いま」と、
それから37年経った、いまこの瞬間の「いま」。

このふたつって、実はまったく同じ「いま」なんですよね。

私たちはいつだって「いま」を生きています。
「いま」以外を生きることはできません。

「いま」は永遠で、どんなに時間が経っても、
決して流れ去ることはありません。

ここには、永遠のいまだけがある。
それはそのまま、永遠のいのち、そのもので。

いまの流れ去らなさ、
いのちの果てしなさに思いを馳せるのに、
誕生日ほど最適な日は、ないのかもしれませんね。

まあ、誕生日に限らず、私たち、ほんとうはいつだって
その事実の真っ只中で生きているわけで。

感じようと決めれば、ほんとうは、いまこの瞬間に、
永遠のいま、永遠のいのちの躍動を感じることができる。

その一助として、今日もこのあと6時から
「ラジオ瞑想」やっていきます。
(結局宣伝か!笑)

ラジオ瞑想でシェアしているAメソッドによって、
こころとからだ、生活にポジティブな変化が見られたよ、って方。
ツイッターのリプライや、ツイキャスのコメントで、
ぜひぜひ、体験談、お寄せください。

ツイッターでは「#ラジオ瞑想」や「#Aメソッド」などの
ハッシュタグを付けてくださいね。お待ちしています!

今日も生放送でお届けしますよ!
このあと朝6時から!

早起きできないよ〜! って方には、録音もご用意しています。
どなたさまも、お気軽にご参加くださいね。