AメソッドのAは阿弥陀のA

2018年12月4日

昨日12月3日をもって、ラジオ瞑想
2ヶ月目に突入いたしました!
よっ! めでたいね!

私自身は途中で風邪ひいて一週間ぐらい休みましたけれど、
私が休んでいる間にも、みなさん、
録音を聞いて自主的に瞑想を続けてくださったようですし(感激)、
2ヶ月経って、ちらほらとうれしいお声をいただくようにもなりましたし(感涙)、
最近では「ラジオ瞑想◆実践日記」なるブログまで作っていただいて……!
(感謝感激雨あられ!!!)

これは、ますます、私も本気を出さなきゃな……!
いままで積極的には語ってこなかったことも、
どんどん語っていかなきゃな……!

ってことで、今日は、いままで秘していたアレ、
思い切って語ってしまいます。

秘していたアレとは、Aメソッドの名前の由来です。

……って、タイトルでモロバレしているんですけれど(笑)
そうです、Aメソッドって、実は、阿弥陀メソッド、なんですね。

阿弥陀如来って、みなさんご存知ですか?
浄土系仏教の代表的な仏さま、極楽浄土のあるじです。

一般的に阿弥陀さまというと、全身金ピカに光り輝く
ドーンとしたお姿で想像されると思うんですけれど、
あれは、あくまで仮のイメージであって、

実際の阿弥陀如来は、

「いろもなく」
「かたちもなく」

だからこそ、

「見ることもできず」
「聞くこともできず」
「嗅ぐこともできず」
「味わうこともできず」
「触れることもできず」

「無色透明」で、「無味無臭」で、
どんなことが起きても「決して損なわれることがない」、

だから、もはや、存在しているとも言えない、
でも、確実にある「なにか」のことなんです。

その「なにか」に、仮に名前をつけたものが、
「阿弥陀如来」だということです。

で、Aメソッドを実践されている方なら、
もうお気づきではあると思うのですが……

Aメソッドで言う「透明な目」というのが、
まさしく、この「阿弥陀如来」そのものなんです。

そして、もうひとつ大事なこと。

阿弥陀さまは、遠く離れた理想郷にいらっしゃるわけじゃない。
まさしく、いま、ここ、わたしとともにある。

つまり、極楽浄土は、まさしく「いまここ」なのだということです。

だから「おまかせ」。
すべて「おまかせ」。

「南無阿弥陀仏」

これらのことばの意味を、理屈じゃなく体感で知っていくのが、
Aメソッドの肝になります。

……はあー、やっと言えた!(笑)
言ってみればたいしたことない話なのですが、
なぜ、これをいままで黙っていたのかというお話は、
ラジオ瞑想後の10分トークの時間に語りますね。

「Aメソッド的に仏教を語る」

ここからはじまる私のチャレンジ、応援してくださいね!

……ということで、
今日もこのあと6時から「ラジオ瞑想」やっていきます。

ラジオ瞑想でシェアしているAメソッドによって、
こころとからだ、生活にポジティブな変化が見られたよ、って方。
ツイッターやツイキャスで、ぜひぜひ、体験談、お寄せください。
疑問・質問も大歓迎ですよ! お気軽にどうぞ◎

ツイッターでは「#ラジオ瞑想」や「#Aメソッド」などの
ハッシュタグを付けてくださいね。お待ちしています!

今日も生放送でお届けしますよ!
このあと朝6時から!

ラジオ瞑想 毎朝6:00-6:30
https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide

早起きできないよ〜! って方には、録音もご用意しています。
ご参加お待ちしています!