スヌードと色即是空

2016年11月9日

おはようございます。小出遥子です。

私、去年の冬に、はじめて「スヌード」というものに手を出しましてね。
スヌードというのは、両端がつながって
輪っか状になったマフラーみたいなものの名称です。

これが、まあ、便利でね~。
私は元々肩幅が狭く(幼い頃から水泳をやってたのに、肩はまったく発達しなかった……)
その上、極度のなで肩ちゃんでもありまして(和服は似合うよ!)
通常のマフラーを、お洒落さんを気取って結ばずに巻いていると、
どんどんどんどんズリ落ちてくるんですよ。
それが、実は、結構なストレスで。

その点、スヌードは最初から「落ちてくる」という心配がない。
しかもあたたかいし、なんとなくお洒落に見える!!!(←ここ重要)

こんなにいいものならば、もっと前に知りたかった!

というわけで、もうすっかりスヌード教の信者になってしまった私ですが、
いやいや、スヌードのすごさは、これだけじゃないです。

あれって、ただ単に、
マフラーの両端を重ねて縫い合わせているだけじゃないんですよ。
縫い合わせる前に、一度くるっと半回転させてあるんです。
つまり、スヌードって、そのまま「メビウスの輪」の形になっているんですよ。

これ、めちゃめちゃ哲学的(宗教的)なかたちなんですよ!(鼻息!)

だってね、表をずーっと辿っていったら、いつの間にやら裏を辿っていて、
裏を辿っていたつもりでいたのに、いつの間にやら表に戻っていて……。
無限。まさしく無限ループ∞∞∞

表も裏もない。
表即裏。裏即表。

これぞsimultaneous inclusion!!!

あ、simultaneous inclusionというのは、
まあ、「同時包含」とでも訳せるもので、
二つの矛盾した概念が、まったく同時に成り立っている状態
(正確に言えば「状態」じゃないのだけれど……)のことです。
これは、藤田一照さんの仏教塾で教えていただきました。

仏教(大乗仏教)の特徴って、
このsimultaneous inclusionに集約されるようなところがあって。

ほら、いろいろあるじゃないですか。

色即是空空即是色とか、
煩悩即菩提とか、
生死即涅槃とか……。

やっぱりね、「即」っていうのが、一番のポイントだなあ、って。

たとえば「色即是空空即是色」と聞くと、
私たちって、どうしても、あたかも
「色の世界」と「空の世界」のふたつがあるかのように、
分けてイメージしてしまうんですけれど、
いやいや、そうじゃないんだ、と。

それらはまるでスヌードの表と裏のようにして、
完全に同時に存在しているのだ、と。

色の世界を生きているようでいて、
空の世界もまったく同時に生きていて、
空の世界を生きているようでいて、
色の世界もまったく同時に生きていて、
そこに矛盾はまったくなくて……。

スヌードが流行っているのは、この「真実」に気づく人が
じわじわ増えてきていることと無関係ではないのでは……!?

……というのは、単なる仏教ファンの深読みかもしれませんが(笑)

まあ、とにかく、

スヌード、マイラブ、ソースイート!!!

ということです。
(オチがひどすぎる!!!)

 

よい一日をお過ごしください◎