【最澄】己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり × 【道元】堂中の衆は、乳水のごとくに和合して、 たがいに道業を一興すべし

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

忘己利他。「己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり」。素敵なことばですよね。でも、このことばを受け取るときには、ほんの少し、気をつけないといけないかな、とも思うのです。

注意すべきは「己を忘れて他を利する」というところ。ここ、もしかしたら、「全体の利益のためには個人を犠牲にすることも必要だ」といった、全体主義的な思想と取り違えられる可能性のある部分なのかな……、と。

でも、これは、実は、全体主義とは真逆のところにあることばだと思うのです。なぜなら、最澄さんは、「慈悲」ということばを使っていらっしゃるからです。

「慈悲」というのは、ほんとうの意味で自分を大切にできて、はじめて発動されるものだと思うのです。自分自身が満たされたところからにじみ出るものこそが、真実、他者を利するのではないかな、と。全体主義的な思想は、そのあたりが置き去りにされているように、個人的には感じられます。

ところで、少し前に、あるお坊さんから、こんな話をお聞きしました。

「仏教のサンガは“和合衆”とも呼ばれます。和合、というところで言うと、道元禅師は“堂中の衆は、乳水のごとくに和合して、たがいに道業を一興すべし”ということばを遺されています。ここでのポイントは“乳”と“水”が和合している、というところ。つまり、個人個人がそれぞれの個性を発揮しつつ、なお、集団として共に歩んでいけるような状態、それがサンガのあり方です」

集団の「和合」を保つためには、個人個人が「慈悲」をもって行動することが必要だし、また、「慈悲」を発動させるためには、「和合」ということばのほんとうの意味を、個人個人が知っておかなければならない……。

これからの世界を生きる上で大切な智慧が、冒頭に挙げた二つのことばには凝縮されているような気がするのです。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2015年7月26日発行号より転載)