【道元】眼横鼻直(がんのうびちょく)なることを認得(にんとく)して人に瞞(まん)せられず

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は道元禅師のことばを選びました。「眼は横に、鼻は縦についている。このように、当たり前のことを、真実、ありのままに見つめ、あるがままに認めることさえできたら、自他に騙されることはなくなるだろう」……といったような意味になるでしょうか。

事実は「眼は横に、鼻は縦についている」。ほんとうに、ただそれだけであって、それ以上でも以下でもないのですよね。そこに「眼が縦に、鼻が横についていたっていいじゃない!」という自分勝手な主張や、「眼が横に、鼻が縦についているなんて、そもそも絶対におかしい!」という他人の意見をくっつけて見るから、「ありのまま」「あるがまま」にくつろげなくなってしまう……。

仏教の一番の基本は「如実知見」です。すべてを、ありのまま、あるがままに見つめ、認めること。それさえできれば、ほんとうは一切の思い煩いから自由でいられるのですよね。

狭苦しい頭の中から飛び出して、からだまるごとで「いまここ」を生きること。その道を説くのが、仏教なのだなあ、と……。いま、あらためて実感しています。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年10月23日発行号より転載)