【雑阿含経】二辺を離れ中道を説く

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

先日、あるお坊さんと、「中道とはなにか」といったようなテーマでやりとりをしていました。その方は、こんな風におっしゃっていました。

「中道って、名詞的に固定化されたものではなくて、むしろ動詞なのではないかとも思うのだよね。はっきりと両端が決まっていて、その真ん中に中道があるんじゃなくて、無限の広がりの中で、『いま・ここ』に立ち続けようとする行為というか」

そうか、そうなんだろうなあ……と、しみじみ頷いてしまいました。

私なんかは、どうしても、「中道? つまり“ど真ん中”ってことでしょ? 0とか100とかじゃなくて、50を狙えばいいんでしょ?」と、至極単純に、頭だけで片付けてしまいたくなるのですが、これは、きっと、最も、そのことばの指す意味とはかけ離れたところにある態度なのでしょう。

善と悪、正と誤、美と醜、優と劣、損と得、勝と負……

これら二つに分かれているように思われる「価値」のすべて、実は、実体としてこの世に存在しているわけではなくて。それらを存在させているのは、他でもない、この「私」なんですね。この「私」が、目の前の事象に対して、なんらかの判断を下した瞬間、そこに「価値」が生まれてしまうんです。ほんとうは、すべては、「いま・ここ」に、ただただそのままに、あるがままに「在る」だけなのに。

おそらく、「中道」とは、それらすべての価値判断を超えていこうとする営み、つまりは、この「私」を超えて、「いま・ここ」という無限の広がりそのものに自らを開いていこうとする、終わりのない営みのことを指すのではないでしょうか。

たぶん、仏道修行にゴールなどないのでしょう。「ようやく辿り着いたぞ!」と思った瞬間に、それはどこかに消えてしまっているのでしょう。「“さとり”はing形」というお話をお聞きしたこともあります。ほんとうに、その通りなのでしょうね。

ただただ、精進あるのみ、ですね。歩み続けます!

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2015年8月2日発行号より転載)