「自分」は、最愛の「他者」

2018年12月24日

「自分とつながる」って、「自分と距離を置く」ことだと思う。自分を客観的に見る。眺める。それさえできれば、つながろうとするまでもなく、最初からつながっていたことに気づけるんだ。

私たちが普段、自分だと思っているものって、
実はまったく自分じゃないんですよ。

自分は、紛れもなく、他者です。

その証拠に、自分が1秒後になにを感じて、なにを考え、
どんな風に動くかなんて、絶対に予測できないじゃないですか。

自分がもし自分だとしたら、
すべて「思い通り」になってしかるべきです。

でも、現実はそうはなっていない。

やっぱり、自分って、他者なんです。

でも、他者は他者でも、
いちばん身近で、いちばん愛すべき他者、
それが自分です。

私たち人間の最大の願いって、実は、
この最愛の他者である自分と仲直りすることなんじゃないかなあ、
って思うんです。

自分と仲直りすることによって得られる安心感。
それが欲しくて、私たち、いろんなことをしているんじゃないかなあ……。

どんなにお金を稼いでも、
どんなに人に認められても、
どんなに素敵な友人や恋人や家族に恵まれても、

自分と仲直りできていなかったら、
その人はずっとずっと不安なままです。

逆に、どんなにお金がなくても、
ぜんぜん人に認められなくても、
友人や恋人や家族がひとりもいなくても、

自分としっかり仲直りできていたら、
その人は大きな安心感の中を生きていくことができると思う。

外側の他者に目を向けるより先に、
内側の他者、つまりは自分に目を向けてあげよう。

やり方はいろいろあるけれど、
毎日のラジオ瞑想でシェアしている瞑想(Aメディテーション)は
ものすごくシンプルで誰にでもできるので、オススメです(笑)。

大きくて透明な目で、いまの自分を、ただ、眺める––

こうして、自分と距離を取るんです。

仲良くしたいからと言って、くっつきすぎちゃダメですよ!(笑)
大事なのは距離感です。

他者として、自分を扱う。
他者として、自分を、ただ、眺める。

それだけで大丈夫です。

まあ、距離を取って「眺める」ことで、
逆に、距離なんかなかったことに気づいちゃったりするんですけれど、
それは「その先」のお話ですね。

まずは、透明な目で、いまの自分を、ただ、眺めるということ。
ぜひ、やってみてください。

 

今日もこのあと6時からラジオ瞑想生放送です。
瞑想初心者大歓迎! 登録不要、無料でご参加いただけます。

ラジオ瞑想でシェアしているAメソッドによって、
こころとからだ、生活におもしろい変化が見られたよ、って方。
ツイッターやツイキャスで、ぜひぜひ、体験談、お寄せください。
疑問・質問もお待ちしています! お気軽にどうぞ◎

ツイッターでは#ラジオ瞑想#Aメソッドなどの
ハッシュタグを付けてくださいね。

今日も生放送でお届けしますよ!
このあと朝6時から!

ラジオ瞑想 毎朝6:00-6:30
https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide

早起きできないよ〜! って方には、録音もご用意しています。
ご参加お待ちしています!

※ラジオ瞑想参加者さんによる実践ブログはこちら!

るんさんのブログ
「ラジオ瞑想◆実践日記」

灯ともしさんのブログ
「彼方に灯る」