「二念を継がない」ということ

2018年12月29日

昨日、「感情を感じ切る」のやり方という記事を書きました。

感情を感情のままに感じ切ることは、やっぱりなかなか難しい。
それなら、感情を感じているときの、自分のからだの感覚に気を向けてみよう!

というご提案でした。

「目からウロコ! さっそくやってみます!」的なご感想をチラホラいただいて、
非常にうれしかったです。

で、今日はそれに補足……というか、このあたりで、
あらためて、Aメディテーションのコツというか、
実践の上でのポイントのようなものを示しておきたいな、と。

Aメディテーションのキモは、なんと言ってもこれですね。

「透明な目で、いまの自分を、ただ、眺める」

どんな思考が浮かんできても、どんな感情が湧いてきても、
どんなからだの感覚があらわれてきても、
それらを、「透明な目」で、ただ、眺める。

すべては、「透明な目」の中で、完全・完璧にあらわれている。
その事実に、こころとからだをフワッとあずけてしまう。

ものすごくシンプルです。

ここで大事なのが「二念を継がない」という態度。

「二念を継がず」とは禅のことばですが、
まあ、簡単に言えば「連想ゲームをするな」ということ。

Aメディテーション中は、常にいまの自分を眺め続けます。
そこには、ありとあらゆる思考や感情や感覚があらわれ続けます。
それらをゼロにすることは絶対に不可能です。

それ自体はなんにも悪いことじゃありません。
ただ、「この思考はどこからやってきたんだろう?」
「この感情はなんのせい?」「この感覚は?」という風にやってしまうと、
どこまで言ってもあたまを休めることができません。

あたまは、いつだって過去か未来のことを考えています。
つまり、あたまが働いている限り、
私たちは「いま」に足をつけることができないのです。

だからね、Aメディテーション中は、
どんな思考、感情、感覚があらわれても、
その原因探し(犯人探し)をしないということを意識してみてください。

原因はなんであれ、それが、いまここにこうしてあらわれているのだということ。
それらは、すべて、「透明な目」の中で、完全・完璧にゆるされているのだということ。

そこに、全幅の信頼を置いて、ただ、ゆだねてしまうんです。

そうすると、大きな流れが見えてきます。
原因探し(犯人探し)に奔走しなくても、
自分は、ぜったいに「大丈夫」だということが、
理屈を超えて理解されてきます。

今日書いたことも、あたまだけで理解しようとしないでくださいね。
とにかく、Aメソッド(Aメディテーション)は実践あるのみ!

ご感想、お待ちしています。

 

久しぶりに「ツイキャス版・遥子の部屋」放送します!
明日12月30日(日)の19時から1時間半ぐらい? 気分が乗ってきたら2時間ぐらい?
お酒飲みながら(笑)超ゆる〜く、適当に! アレコレしゃべります。
コメントやご質問大歓迎! ぜひぜひ盛り上げてくださいね。

ツイキャス版・遥子の部屋、12月30日(日)19時30分より、
こちらのURLでおたのしみください。
https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide

 

今日もこのあと6時からラジオ瞑想生放送です。
瞑想初心者大歓迎! 登録不要、無料でご参加いただけます。

ラジオ瞑想でシェアしているAメソッドによって、
こころとからだ、生活におもしろい変化が見られたよ、って方。
ツイッターやツイキャスで、ぜひぜひ、体験談、お寄せください。
疑問・質問もお待ちしています! お気軽にどうぞ◎

ツイッターでは#ラジオ瞑想#Aメソッドなどの
ハッシュタグを付けてくださいね。

今日も生放送でお届けしますよ!
このあと朝6時から!

ラジオ瞑想 毎朝6:00-6:30
https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide

早起きできないよ〜! って方には、録音もご用意しています。
ご参加お待ちしています!

※ラジオ瞑想参加者さんによる実践ブログはこちら!

るんさんのブログ
「ラジオ瞑想◆実践日記」

灯ともしさんのブログ
「彼方に灯る」