【道元】迷を大悟するは諸佛なり

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

上記のことばは、道元禅師の遺された『正法眼蔵』「現成公案」の中の一節です。

「さとり」と聞くと、私なんかはどうしても、一切の迷いのない、澄み渡った青空のような境地をイメージしてしまうのですが、どうもそういうことではないらしく……。「迷っている自分に気づくこと、それはそのまま仏の境地である」と、道元さんはこのようにおっしゃるのですね。

「どういうこと???」と、少々混乱してしまいますが、思い込みを押しのけて素直に考えてみると……。「なるほど、確かにこれは真実のことばかもしれない」と、うなずけるところはあって。

乏しい人生経験しか持ち合わせておりませんが、私も、いままで、大なり小なり、それなりに迷いを抱えて生きて参りました……。でも、そういった迷いをひとつひとつ切り開いて、どうにかこうにか生き抜いてきたわけです。それらの経験をひとつひとつ振り返ってみれば、決定的なブレイクスルーは、「ああ、私、いま、迷っているなあ……」と、その事実を、こころの底から認めた瞬間に起こってきたように思うのです。

「迷う」のは、この「私」、個人としての「私」です。でも、「私が迷っている」ことに気づくのは、もしかしたら、個人としての「私」の仕事ではないのかもしれない。というか、迷いによって視野が狭くなっている、個人としての「私」には、そもそもそんな芸当はできないのかもしれなくて……。

じゃあ、それに気づくのはいったい誰なの? ということになりますが、それは、“この「私」”をもひっくるめた、果てしなく大きな、気づきそのものとしての「わたし」、そうとしか呼べないなにか、なのかもしれません。そして、それこそが、きっと、仏教で「仏」と呼んでいるものの正体なのでしょう。

人生という名の迷路から真に抜け出すためには、「私」の視点を離れて、「仏」の視点と一体化しなければならない。それこそが唯一の道である。……冒頭のことばを用いて、道元さんは、そのようなことを表現されているのではないでしょうか。

上から迷路を眺めてみれば、その中でウロウロと迷っている「私」すら、とてつもなく愛おしいものとして映るのかもしれませんね。

「迷を大悟するは諸佛なり」

いつでもこころに置いておきたいことばだなあ、と、しみじみ思います。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2015年10月11日発行号より転載)