選べないということ

2019年1月24日

結婚相手は選べないし、親友も選べない。なにも選べない中で、こんなに素敵な人たちと出会えたことを、ただただ、しあわせに思う。

こどもは親を選べないとか言いますけれど、
親だってこどもを選べないと思うし、
仕事の上司も部下も選べないし、
近所に住んでいる人も選べないし、
親友も、結婚相手も、
自分ではぜったいに選べないようになっていると思うんです。

あと、住む場所も、する仕事も、
旅先だって、選べないなあ、って。

選んだような気になっているだけで、
実のところ、まったく選んでいない。

だって、私たち、ひとりきりで生きているわけじゃない。
広大なご縁の網目の中で「生かされている」のだもの。

「“気がついたら”仲良しだったよね」とか、
「今度結婚することに“なりました”」とか、
「なんかインドに行くことに“なっちゃった”」とか(笑)

そういうことばがスルッと出てくるということは、
どこかで、その「選べなさ」を受けいれているってことです。

ご縁を遡れば遡るほど、
「すべては偶然に見せかけた必然だった」と気づかされます。

ほんとうに、「選べない」んだよなあ……。

「選べない」って、怖い?
「選べない」なんて、不自由だと思う?

私は、自分ひとりの力で生きていると思うときの方が怖いし、
自分ひとりの力しか発揮できないなんて、不自由すぎる! と思います。

「選べない」ということを受けいれたとき、
つまりは「自力」の向こう側に渡ったとき、
私たちは、ほんとうの安心感と自由に出会えるのだと、
そう、おなかの底から実感しています。

たったひとりでも「出会えてよかった」という人がいるなら、
たった一箇所でも「出会えてよかった」という場があるなら、
これまでのご縁のすべてに感謝できるはず。

そこから世界はひろがっていくよ。

 

今日もこのあと6時からラジオ瞑想生放送です。
瞑想初心者大歓迎! 登録不要、無料でご参加いただけます。

ラジオ瞑想でシェアしているTANDENメソッドによって、
こころとからだ、生活におもしろい変化が見られたよ、って方。
ツイッターやツイキャスで、ぜひぜひ、体験談をお寄せください。
疑問・質問もお待ちしています! お気軽にどうぞ◎

ツイッターでは#ラジオ瞑想#TANDENメソッドなどの
ハッシュタグを付けてくださいね。

ラジオ瞑想 毎朝6:00-6:30
https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide

早起きできないよ〜! って方には、録音もご用意しています。
ご参加お待ちしています!

※ラジオ瞑想参加者さんによる実践ブログはこちら!

といとうるんさんのブログ
「ラジオ瞑想◆実践日記」

灯ともしさんのブログ
「彼方に灯る」

蕪と海豚さんのブログ
「蕪と海豚」