TANDENメソッドに失敗なし

2019年2月3日

※2月11日までインドにおります。
その間のブログは日本にいるうちに予約投稿してあります。
よろしくお願いいたします◎

 

ラジオ瞑想を実践してくださっている、親愛なる灯ともしさんが、
先日、ツイッターにこのような投稿をされていました。

昨夜はいろいろやりとりをしていて就寝が2時だったこともあり、さすがに今朝のラジオ瞑想第二は微睡み状態でした。
それでも「大丈夫。失敗はない。」が根底にあって、「ちゃんとやらなきゃ!」みたいな感覚を手放せていることに気づきました。

感激……!
これに対して、私はこのように返信しました。

うれしいなあ◎ そうそう、TANDENメソッドのいいところは、どうやっても失敗しない、ってところですね。うまくいったような気がしていても、ぜんぜんうまくいった気がしなくても、すでに、すべては、完全、完璧。その事実に、自分をまるごと預けてしまえる。

これ、ほんと、毎日のラジオ瞑想でシェアしている
TANDENメソッドの真髄をあらわした会話だと思うんです。

TANDENメソッドって、「メソッド」という名前はついていますけれど、
ぶっちゃけ、どんなやり方をしてもらっても問題ないんですよね。

なぜなら、そこに決まった「正解」はないから。

「正解」がないということは、
どんなやり方をしても間違いではないということ。

つまり、すべて「正解」だからです◎

「ちゃんとやっている」ような感覚があっても、
「ちゃんとやれていない」ような感覚があっても、
どのみち、すべては、完全、完璧にととのっている。

神さまが、仏さまが、TANDENさまが!(笑)
すべて、ばっちり、ととのえてくれるんです。

その事実を、ただ、信頼していくのがTANDENメソッドです。

まあ、信頼できてもできなくても、
「完全」「完璧」なのは間違いないので、
はっきり言ってどっちでもいいんですけれどね(笑)。

そのぐらい適当でいいってこと。

眉間にシワ寄せてやるようなものじゃない。
ゆったり、のんびり、やったり、やらなかったり(笑)
それでオッケー。すべてカンペキ。

ゆるゆる気分で、実践してみてくださいね◎

 

インド滞在中も、できる限り、
「ラジオ瞑想」を配信したいと思います!
日本時間22時頃開始(瞑想30分、トーク10分)です。

配信できなかったら、
YouTubeの録音で「自習」をおたのしみくださいませ◎