続・TANDENメソッドに失敗なし

2019年2月4日

※2月11日までインドにおります。
その間のブログは日本にいるうちに予約投稿してあります。
よろしくお願いいたします◎

 

先日、あるラジオ瞑想実践者さんと、
ツイッターでこんなやりとりをしました。

素敵なコンテンツを提供してくださって本当にありがとうございます。まだどこかで、瞑想で何かしらを解決できるのではと頭が思ったりしていますが、それすら包み込んで眺めて、ただ委ねて楽しみたいと思います。

と、実践者さん。
これに対して、私はこんな風にお返事しました。

ありがとうございます◎ 期待も不安も、すべてTANDENの中で起きているので、なにも問題ないです!

すると実践者さんから、こんなリプライが届きました。

そっか、ぜんぶ許されていることですね! TANDENに何か期待してる自分は良くないと、消そうとしてたかもしれません。期待や不安を感じる自分も認めておなかで感じて、変化を楽しみます! ありがとうございます!

このおことばが、すごくうれしかったんです。

そうそう、そうなんですよ〜! 
それこそがTANDENメソッドの真髄です!

昨日も書きましたけれど、TANDENメソッドって、
ほんとうに、どうあっても失敗しない瞑想なので。

なにかを期待して瞑想をしても、
不安の中で瞑想をしても、

ただ、そこに期待があるなあ……
不安があるなあ……と思ってみていれば、
それですべてオッケーなんです◎

ラジオ瞑想第二のガイダンスでよく言っていることですけれど、
ほんとうに、すべては、ゆるされて存在しているので。
ゆるされていないものは、そもそも存在していないので。

だから、どんな思いや気分を握りしめていても大丈夫!

あんまり自分に厳しくしないようにね〜!(笑)
まあ、厳しくしても、「いま、自分に厳しくしている!」と気づけば、
なにも問題はないんだけどね〜〜〜。

そんな感じです。

ゆったり気分で、実践してみてくださいね◎
ほんとに、失敗は、ないんですよ〜〜〜!

 

インド滞在中も、できる限り、
「ラジオ瞑想」を配信したいと思います!
日本時間22時頃開始(瞑想30分、トーク10分)です。

配信できない日は、事前にツイッターで告知しますので、
YouTubeの録音で「自習」をおたのしみくださいませ◎