【一遍】知りて知らざれ、還って愚痴なれ

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は、「捨聖(すてひじり)」の異名を持つ、一遍上人らしいことばを選んでみました。

ここで言う「愚痴」とは、なんの知識も持っていない人のことを指すようです。「(仏道を歩む者は)知り得た知識を捨て去って、まっさらになって精進しなさい」。だいたい、こういったような意味になるでしょうか。なんだか耳の痛いお話です……。

私も、いち仏教ファンとして、暇さえあれば、仏教関連の本を読み漁ってみたり、お話を聞きに行ってみたりするような日々を過ごしています。それは、実際、とても楽しいことではあるのですが、ふとしたときに、立ち止まってしまうことがあるのです。あれ? 私は、仏の教えを“勉強したい”のだっけ? それとも、実際にそれを“生きていきたい”のだっけ? と……。

仏教に興味を持った最初のきっかけの部分には、純粋な「心」の求めだけがあって、そこには「頭」で考えたことが入り込む余地など、どこにもなかったように思います。それなのに、いつの間にやら知識を求めることばかりに躍起になって、実際に「道」を歩んでいく足が止まってしまっているようなことはないかな、と……。

もちろん、「理解」と「実践」は、修行において、車の両輪のようなもので、どちらが欠けても難しいものなのかもしれません。でも、どちらかに大きく偏ってしまうのも、これはこれで問題なのでしょう。

ほんとうのところ、自分はなにを求めて仏教に取り組んでいるのか。自分が必死でためこんでいるこの「知識」は、そこに、ほんとうに必要なものなのか。

これらの問いかけは、常に心のど真ん中に置いておきたいところだなあ、と……。自戒を込めて、そんな風に思うのです。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2015年11月22日発行号より転載)