【親鸞】煩悩を断ぜずして涅槃を得るなり

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

最初にこのことばに出会ったときには驚きました。だって、涅槃というのは、一切の煩悩のなくなった世界のことを指すのだと思っていたから。それなのに、親鸞聖人は、無理にそれを消そうとしなくていい、とおっしゃるのです。「いったいどういうこと?」と目が点になってしまいました。でも、最近になって、ようやく、このことばの意味するところが腑に落ちるのを感じたのです。

煩悩があるから涅槃に到達できない。ならばそれを消し去ってしまえばいい! 私たちは、どうしたって、そんな風に単純に考えてしまいがちです。でも、そもそも、人間の力で煩悩をどうこうすることなんか、できるのでしょうか。実際、それは人間の意思とは無関係に、ごくごく勝手に立ち現れては消え去っていく……というのが正確なところではないでしょうか。

それならば、個人の力でなにかをなそう、とあくせくするよりも、すべてを「大いなるはたらき」、つまり「仏」にお任せしてしまおう、というのが、親鸞さんのお考えなのでしょう。

「自分にできることはなにもない」という事実を、あたまでの理解を超えて“まるごと”受けいれることができたら、その瞬間に、大きな転換が起こってくるのだと思います。「個としての自分」の視点から、「仏」の視点への転換です。

「個としての自分」のこころのはたらき=煩悩すら、すべて、「仏」のはたらきの中にある。だから、ぜんぶ、大丈夫。

心の底からそう感じることができたなら、そこはもう、「涅槃」ですね。そして、そこを生きていくのは、本来、どんな人にだって可能なことなのでしょう。

果てしなく大きくてあたたかな「ほんとう」を、このことばからは感じるのです。

南無阿弥陀仏

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2015年12月6日発行号より転載)