【白隠】衆生本来仏なり

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

新年一発目の「ほんとう」のことばは、白隠禅師の『坐禅和讃』の冒頭部分を選んでみました。有名なことばですので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

この『坐禅和讃』には「私たち人間は、そもそも仏であるのだ」「人間と仏とは別個の存在ではないのだ」といった意味となる句が、最初から最後までズラリと並んでいます。たとえば、冒頭に挙げた句からは、以下のような文言が続きます。

衆生本来仏なり 水と氷のごとくにて
水を離れて氷なく 衆生の外に仏なし
衆生近きを知らずして 遠く求むるはかなさよ
譬えば水の中に居て 渇を叫ぶが如くなり

「仏と人間とは、水と氷の関係のようなもの。素材としてはまったく同じH2O。液体か固体か、それだけの違いである。それなのに人間は、“仏”という存在が自分の外側にあると思って、それを必死に追い求めている。水の中にいながら、渇きを叫んでいるようなものだ。なんと情けないことだろう」……だいたいこのような意味になるでしょうか。

しかしながら、いくら「いまここの自分がこのまま仏なのだ」と繰り返されても、そう簡単にうなずけるものではありませんよね。「仏はもっと立派なものだ。こんな私と同一の存在であるわけがない!」って。

でも、この句が、心のどこかにひっかかるのなら……。一度はそれを受け止めて、「仏として」生きてみるのも、面白いことなのかもしれません。最初はまったく実感がなくても、とにかくそう思って生きてみる。そこから、なにか、開けてくるものもあるのではないでしょうか。

人間が仏として生きる道を「仏道」と呼ぶのなら、その道を実際に歩いてみないことには、話はなにも始まりませんよね。外側から眺めているだけじゃなくて、まずは一歩を踏み出すこと。そうして一歩踏み出すごとに目の前に開けてくるまったくあたらしい景色を、胸いっぱいに味わうこと。それがそのまま「修行」ということばの意味になるのもしれません。

今年も、楽しみながら、ともに修行を続けていきましょう! みなさまにとって、2016年が素晴らしい一年となりますよう。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年1月10日発行号より転載)