【柳宗悦】ドコトテ御手ノ真中ナル

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は、明治から昭和にかけて活躍された思想家、美学者、かつ宗教哲学者である、柳宗悦(やなぎむねよし)さんのことばをご紹介します。これについては、私がくどくどと解説を並べ立てるよりも、ご本人の文章を引用してしまった方が良いでしょう。

「御手」というのは、仏の御手でも、神の御手でも、菩薩の御手でもよい。私が何処に在るも、何処を向くも、居るその個所が、御手の真中であるというのである。「私が」といったが、それは誰であってもよいのである。つまり人間の真の存在は、無上なるものの掌の中に在るというのである。ここで「真中」というのは、左右の中間とか、上下の中程とかいう意味の「中」ではない。そんな中なら、無上とはいえぬ。ある聖者が「神は至るところに中心を持つが、何処にも周辺を持たぬ」といったが、そういう周囲を許さぬ中心が、それ自身の中心なのである。ここに吾々の心の故郷がある。ただその事実を知らぬために、二元の巷に、あたら彷徨っているにすぎぬ。「中」は二元と次元を異にするものである。かかる中を去って解脱はない。だが解脱とは、新しい獲得ではなくして、本来あるがままの境に帰ることである。その故郷は「中」そのものなのである。仏教に中道が説かれる所以である。(『南無阿弥陀仏』 柳宗悦=著 岩波文庫 「心偈」より抜粋)

「周辺を許さぬ中心」としての「御手の真中」。私たちは、いつだって“そこ”にいるのですね。もう、ほんとうのほんとうのほんとうに、安心していて、いいんですね。こころの底から、「ありがたい」ことだなあ、と……。ただただ、手を合わせることしかできません。

合掌

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年1月17日発行号より転載)