結果にコミットしない!(笑)

2019年3月3日

ライザップを否定するわけではありませんが(笑)「結果にコミットする!」よりも、「結果にコミットすることも忘れて、いま、この瞬間をたのしむ!」をやっていれば、「結果」は自然に付いてくるなあ、というのが私の実感。

まあ、単に好みの問題ですね。私はこっちの方がたのしくて好きってだけの話。何度も言うように、ライザップを否定するものではありません!(笑)

私、いま、とある事柄(二種類あります。ひとつは英語)について、
結構な勢いでお勉強中です。

どちらの勉強も、周りの人から、
「ご精が出ますね!」と声をかけられるレベル(比喩ですが)で
かなりの集中力をもって取り組んでいます。

「勉強」というと、どうしても堅いというか、
苦しいイメージがありますよね。
「ノーペイン、ノーゲイン!」「努力と根性!」みたいな(笑)。

でも、今回のこのふたつの勉強に関しては、
私、なんの苦しみも覚えていないんです。

ただただ「たのしい」。
この気持ちだけで、日々勉強を続けています。

なんでこんなに苦しくないのか。
ひたすらに「たのしい!」だけなのか。

理由は簡単。
「結果にコミットしていない」からです。

明確な目標とか、勉強の「その先」とか、
まあ、ひねり出そうと思えば出てくるのでしょうけれど、
私は、あえてそこに意識を向けていない。

それをやっちゃうと、
かけがえのない「いま」が、
「いまのためのいま」ではなくて、
「未来のためのいま」になりがちだからです。

それは、単純につまらない。

たとえば、英語学習に関しても、
「目標! TOEIC800点以上!」とか、
そういう風に明確な目標を定めてしまうと、
いまの自分の学力と、理想の自分の学力の差を、
日々思い知らされることになります。

それを「エンタメ」としてたのしめる人なら良いのですが、
私は、それをきっかけにモチベーションが下がって、
日々の勉強がまったくたのしくなくなってしまうタイプなので
(これを繰り返して、何度も英語学習に挫折してきました)
今回ばかりは、その「ワナ」にハマるまい、と決意しまして。

この英語学習の「先」になにがあるのかを見ようとすることよりも、
いま、この瞬間、ハリウッド映画の中の人物たちの会話が、
かつてないほどクリアに聞こえた! うれしい! とか、
いま、この瞬間、さっきまで知らなかった慣用句を覚えた! 最高! とか、
そっちに気を向けている方が、ずっと「たのしい」んですよね。
すると、なんの苦もなく、日々の勉強を続けられる。

これをやっているうちに、
「結果」は勝手に付いてくるのではないかな、と思っています。
思っているというより、確信しています。
実際、こうやって何度もブレイクスルーを経験しました。

そもそも、なんでそれらの勉強をはじめたのかと言うと、
それによって、世界の見え方、聞こえ方、感じ方が変わる予感がして、
なんだかわくわくしたから、なんですよね。

大事なのは、この「わくわく」を、変な努力によってつぶさないこと。

コミットすべきは、「未来の結果」より、「いまのたのしさ」「心地よさ」。
続ける理由なんて、
「いま、この瞬間、わくわくしているから」のひとことで十分だ。

(※この「わくわく」は、おなかで「感じる」ものであって、
決してあたまで「考える」ものじゃないですよ。念のため。)

ということで、今日もお勉強をたのしみます◎
Let’s Study!

 

このあと6時からラジオ瞑想生放送です。
瞑想初心者大歓迎! 登録不要、無料でご参加いただけます。

ラジオ瞑想でシェアしているTANDENメソッドによって、
こころとからだ、生活におもしろい変化が見られたよ、って方。
ツイッターやツイキャスで、ぜひぜひ、体験談をお寄せください。
疑問・質問もお待ちしています! お気軽にどうぞ◎

ツイッターでは#ラジオ瞑想#TANDENメソッドなどの
ハッシュタグを付けてくださいね。

ラジオ瞑想 毎朝6:00-6:30
https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide

早起きできないよ〜! って方には、録音もご用意しています。
ご参加お待ちしています!

※ラジオ瞑想参加者さんによる実践ブログはこちら!

といとうるんさんのブログ
「ラジオ瞑想◆実践日記」

灯ともしさんのブログ
「彼方に灯る」

蕪と海豚さんのブログ
「蕪と海豚」