【釈迦】来て、見よ。

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は、「仏教」の大元にあることばを選んでみました。「来て、見よ」(Ehipassika)という、お釈迦さまのことばです。

お釈迦さまは、決して、「私の語ることを信じなさい」とはおっしゃらなかった。ただ、「ここに来て、そして見なさい」と。「自分自身で、それを感じなさい」「それは、現にここにあるのだから」と。そういう態度を、生涯貫かれていらっしゃったようです。お釈迦さまの最後のことば、「自灯明」にも通じるお話ですね。

「信じる」というと、自分と対象との間に距離が生まれてしまいます。「信じる私」と「信じられるなにか(人・もの・教え)」とが離れてしまっているのです。その距離の正体は、ズバリ、自分自身の「思考」なのではないでしょうか。

それに対して、「見る」という行為には、「思考」の入り込む余地はないですよね。意識的になにかをしなくても、目を開きさえすれば、「見る」ということは自動的に起きてくるのだから。「聞く」も「嗅ぐ」も「触れる」も「味わう」もそうですね。そういう意味で、そこに距離は、もっと言えば物語は存在しないのです。

「目の前にただただ“ある”もの。それを自分自身で感じなさい。信じるまでもなく、感じなさい。物語に逃げてしまわず、ただ“ある”世界をそのまま生きなさい――」

お釈迦さまの「来て、見よ」ということばから、私はそのようなメッセージを受け取りました。

ほんとうは、きっと、とてもシンプルなことなのでしょうね。ただ「見て」、ただ「聞いて」、ただ「嗅いで」、ただ「触れて」、ただ「味わって」生きていく。考えるまでもなく、ただただすべてを「感じて」生きていく。それが、そのまま仏の道なのかもしれない……。

そんな風に感じています。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年1月31日発行号より転載)