【空海】若し自心を知るは即ち仏心を知るなり。仏心を知るは即ち衆生の心を知るなり。

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は弘法大師・空海さんのことばを選んでみました。

「自身のほんとうの姿を知ることは、そのまま仏の姿、そして他者のほんとうの姿を知ることである」といったような意味になるでしょうか。「自」と「他」との間には、ほんとうは一切の区別がなく、すべて、「ひとつらなりのいのち」=「仏」としてあるのだ、という風に、私は解釈いたしました。

ところで、最近私は「利他行」についてよく考えています。「(施す)私」と「(施される)あなた」という図式の中から、「べき/べからず」を基準として道徳的に考え出された行動と、「私」も「あなた」もなくなってしまったところから、促されるようにして出てくる行動と。やっていることは一緒でも、その結果は、やはり、少しずつ違ってくるように思うのです。

どちらが良いとか悪いとかじゃなくて、でも、「慈悲」というのは、もしかしたら、後者に宿ったものを指すことばなのではないかな、と。後者の行動の方が、より「仏」的だと言えるのではないかな、と……。

できるのなら、いつだって「ひとつらなりのいのち」としての自分を、そして他者を感じて、そこから行動していきたいものです。

空海さんのことばに触れて、そんなことを強く思ったのでした。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2015年11月8日発行号より転載)