所属しなきゃ真髄は掴めないなんてウソだね

2019年3月20日

肚から放たれたことばは、肚を決めた人の肚に直接届く。所属の有無は関係ない。ただ、肚を通じた交流ができるか否か。問われているのはそこだけだ。「届く人には届く」のだ。

私は、いま、
目に見えない「いのち」の世界をことばに置き換えて、
それをみなさんに伝えていく活動を主な生業にしていますが、
私自身は、その活動母体として、一切の「所属」を持ちません。

特定の宗教、宗派に身を置くことなく、
完全な「フリーランス」として、活動をしている、ということです。

仏教、とくに大乗仏教、とくに浄土真宗……
というよりは親鸞聖人の教え、南無阿弥陀仏の世界観に、
非常に強いシンパシーを覚えているし、
そこから多くを学んでいることは事実です。

しかし、私は、真宗のお坊さんではないし、
真宗の門徒さんになるつもりも(いまのところ)ありません。

禅の師匠もいるし(しかも複数名)、密教にも学ばせてもらっています。
テーラワーダやチベット仏教にも教えられることはたくさんあります。

もちろん、仏教だけではありません。
キリスト教にも学んでいるし、最近ではイスラム教にも興味津々です。
その他の宗教も、機会があれば学びたいと思っています。

宗教以外の分野、
たとえば料理や農業、スポーツや教育といった方面からも、
「いのち」の真ん中にあるものは見えてきます。
そういった「道」を歩まれている方のお話を聞くことも大好きです。

こんな私のスタンスに対して、
「節操がない!」と顔をしかめる方はたくさんいらっしゃいます。

「思想的、宗教的なものは、
その伝統の中に心身まるごとで飛び込んで、
そこではじめて“見える”ものがあるのだ」

「“つまみ食い”のようなあなたのスタンスでは、
“真髄”には決して到達できないだろう」

こんな「苦言」をいただいたことも数知れず。
直接的にも、間接的にも、です。

おっしゃっていることは、非常によくわかります。

「表面だけをなぞって、
なにかをわかったつもりになるなよ!」

と、そのおことばは、真摯に受け取るべきものだと思っています。

でもね、私自身は、決して「表面だけ」をなぞっているつもりはないんです。

「表面だけの理解」って、
つまりは「あたまだけの理解」ってことでしょう?

確かに、
「おなかの底からの確信を持たない、あたまだけの知識」を
どんなにコレクションしたところで、
宗教的な知恵(智慧)が指し示す、
本来的な「いのち」のあり方には到達できないでしょう。

それは、私自身、深く理解しているつもりです。

だから、私は、いつも、宗教的なお話に触れるときには、
あたまではなく、おなか(肚・丹田)で聞くようにしているんです。

顔に付いている耳で、「取りに行く」ように聞くのではなく、
おなかに付いている透明な耳で、「受け取る」ように聞く。

このスタンスでお話を「聞く」ということをしていると、
それがどんな「所属」を持つ話者から放たれたものであれ、
それが確実に彼らの「おなか」から出たものであれば、
私の「おなか」はその真髄をきっちりキャッチできるんです。

私は、ここには確実な自信を持っています。

肚を通じた交流ができる人とは、
所属の有無に関係なく、真の人間関係が築けます。

そして、私自身、あたまではなく、
おなかからことばを放つようにしています。

届く人には届く。
肚が決まっている人には、届くだろう。

私のスタンスに「苦言」を呈する人たちは、
私の「ことば」を、あたまだけで聞いているのでしょう(笑)。
だから、最近では、そういったことばに傷つくこともなくなりました。

私は、これからも、どこの伝統にも属さず(まあ、「ご縁次第」ですけれどね)、
ただひとつの「なにものでもないいのち」としての発信を続けていきます。

丹田(TANDEN)という広い宇宙で、
「あなた」に出会える瞬間を、
こころの底からたのしみにしています。

 

このあと6時からラジオ瞑想生放送です。
瞑想初心者大歓迎! 登録不要、無料でご参加いただけます。

ラジオ瞑想でシェアしているTANDENメソッドによって、
こころとからだ、生活におもしろい変化が見られたよ、って方。
ツイッターやツイキャスで、ぜひぜひ、体験談をお寄せください。
疑問・質問もお待ちしています! お気軽にどうぞ◎

ツイッターでは#ラジオ瞑想#TANDENメソッドなどの
ハッシュタグを付けてくださいね。

ラジオ瞑想 毎朝6:00-6:30
https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide

早起きできないよ〜! って方には、録音もご用意しています。
ご参加お待ちしています!

※ラジオ瞑想参加者さんによる実践ブログはこちら!

といとうるんさんのブログ
「ラジオ瞑想◆実践日記」

灯ともしさんのブログ
「彼方に灯る」

蕪と海豚さんのブログ
「蕪と海豚」