【雲門文偃】日日是好日

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は、雲門文偃(うんもんぶんえん)禅師という、中国唐代から五代にかけて活躍されたお坊さんのことばを選びました。とても有名な禅語ですので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。彼岸寺にも同名のタイトルの連載がありますね。

このことば、ぱっと受け取ると、「毎日を最高に素晴らしいものにしよう」といったポジティブな感じのスローガンに読めてしまいますが(少なくとも私はずっとそう思っていました……)、本来は「一日一日がまったくあたらしい日だ」といったような意味になるのだそうです。

私は、このことばのほんとうの意味から、「良い/悪いといった身勝手な判断にとらわれず、与えられた“今日”を、もっと言えば“いま”を、ただただ真摯に生きていきなさい」というメッセージを受け取りました。

いまここにこうしてある「私」というものを見つめていくと、そこには、無数のご縁が見えてきます。それは文字通り数字では追いつかない、はかりしれないところのお話で、考えれば考えるほど不可思議としか言えなくて、なにひとつとして当たり前なんかじゃなくて……。

その感懐の中で、「生かされてあるいのち」「与えられたいま」を、良いも悪いも含め抱いて、ただただ謙虚に、精一杯生ききる。無数のご縁の結節点としての「私」にできるのは、ただ、それだけなのかもしれませんね。そして、「最高に素晴らしい毎日」は、そのように生きる人にこそ、開かれているような気がするのです。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年2月21日発行号より転載)