「宿題」やってる?

2019年3月25日

いま、自分がやるべきことって、ちゃんと自分でわかっているんですよね。そのひとつのヒントとして、あたまで考える気持ちよさではなく、おなかで感じる心地よさを指針に動くこと、っていうのは、まあ、私の定番ネタですが(笑)慣れないうちは、このふたつの区別もあやふやだったりして……。

心地よさって、かならずしも気持ちよさとイコールではないのですが、やっぱり、心地よさよりも気持ちよさの方がエッジが効いているので、そっちに気をとられがちなんですね。たとえば、英語の勉強をしたいのに、なんとなく面倒くさくて、ダラダラとスマホを見続けてしまうとか……。

面倒な英語の勉強に向かうのは気持ちよくないこと、ネットサーフィンをすることはなんとなく気持ちいいこと。だから、後者の行動を取るのが、「いまの自分を大切にすること」。って、コラコラコラですよ!(笑) それは違うでしょう。おなかの感覚に、ちゃんと気を向けてあげてください。

ほんとうにやりたいこと、やるべきことをやらないために、ほかのことをやっているときって、おなかのあたりの心地よさは失われているはずなんです。で、あたまもちゃんとモヤモヤしているはずなんです。夏休みの宿題にまったく手をつけていない、8月29日の小学生のような気分というか……(笑)。

この、「宿題やってない感」って、かならず、私たちの心身に、なにかしらのサインとして出ているはずなんですよ。それを見逃さないでください。で、「自分の宿題」に気づいたら、一刻も早く取り掛かってください。その瞬間から、ほんとうに「心地いい」人生がはじまっていくから。応援しています!

よく、

「私たちは、生まれる前に、
自分が今回の人生でやるべきことを決めてきている」

みたいなお話を聞きますよね。

ファンタジー色の強いお話ではありますが、
割と素直に、なるほど、そうかもな、って思うんです。
そう考えると、個人的には、なにかこう、
非常に腑に落ちるものがある。

で、この「自分が今回の人生でやるべきこと」って、
どうやって見つけるのかというと、
それはもう、地道に体感を探っていくしかないんですね。

あたまは「それ」を忘れてしまっているけれど、
おなかはばっちり覚えていると思うから。

ってことで、結局いつものお話。

あたまで考える「気持ちよさ」ではなく、
おなかで感じる「心地よさ」を指針に動こう。

その先に「使命」というほどおおげさなものじゃなくても、
少なくとも、「いま、自分が進むべき道」が見えてくるから。

おなか(からだ)は、最初から、ぜんぶ知っているんですよ。

安易な快楽に流されないで。
いや、時には流されてもいいけれど、
「流された」ということには、せめて、自覚的でいて。

「宿題やってない感」があるときって、心地よくないでしょう。

逃げても逃げても、いつかはやらなきゃいけないのが宿題です。

ほかの誰でもない、自分がやると決めたことなのだから、
いつかかならず腰据えてやらなきゃいけないんだ。

取りかかるのは億劫かもしれない。
逃げ続けてきたものに向き合うのは怖いかもしれない。

でも、肚決めてやるしかないんです。

やり始めたら、一瞬で「心地よさ」に包まれます。
それは、大きな安心感をともなった心地よさです。
視界がクリアになって、一気に世界が広がります。

「宿題」見つけてください。
そして、一刻も早く、取りかかってください。

ほんとうはもう、わかっているんでしょう?

じゃあ、やろ!

 

毎朝6時からラジオ瞑想を生放送しています。
瞑想初心者大歓迎! 登録不要、無料でご参加いただけます。

ラジオ瞑想でシェアしているTANDENメソッドによって、
こころとからだ、生活におもしろい変化が見られたよ、って方。
ツイッターやツイキャスで、ぜひぜひ、体験談をお寄せください。
疑問・質問もお待ちしています! お気軽にどうぞ◎

ツイッターでは#ラジオ瞑想#TANDENメソッドなどの
ハッシュタグを付けてくださいね。

ラジオ瞑想 毎朝6:00-6:30
https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide

早起きできないよ〜! って方には、録音もご用意しています。
ご参加お待ちしています!

 

お知らせです!
4月27日(土)に、久しぶりに、お話会「リアル版・遥子の部屋」を開催します。

持ち寄った食べ物、飲み物をたのしみながら、
人生をたのしく生きるコツを「ゆる〜く」シェアし合いましょう。
「TANDENメソッド」生講座も行います。

平成最後の土曜日!
みんなでたのしい時間を過ごしましょう。

日時:2019年4月27日(土)
◾️第一部 (TANDENメソッド講座) 13時半〜14時半
◾️第二部 (懇親会) 15時〜17時
場所:東京都北区某所
参加費:第一部・第二部通し5000円/第二部のみ3000円
定員:第一部・第二部合わせて15名

ご参加を希望される方は、お名前(フルネーム)、お電話番号、
第一部・第二部通し、第二部のみ、どちらにご参加かを、
以下のメールアドレスにお送りください。
メールタイトルは「リアル版・遥子の部屋 参加希望」としてください。

ぜひぜひ、お気軽に遊びにいらしてくださいね。
ご参加、こころよりお待ちしています◎

お申し込み・お問い合わせ:haruko.info@gmail.com