【道元】この生死は、すなはち仏の御いのちなり

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回のことばは、道元禅師の『正法眼蔵』の中からピックアップしてみました。冒頭の「この生死」というのは、そのまま、「個としての自分(私)のいのち」と読み替えることができるのではないでしょうか。

「個としての自分(私)のいのち」は、そのまま「仏のいのち」のあらわれである―― 

ここでは「そのまま」というワードがポイントになってくると思います。「そのまま」というのは、文字通り「そのまま」、「ありのまま」ということです。

煩悩があろうがなかろうが、自我が暴れ回ろうがおとなしくしていようが、究極的には生きようが死のうが、いまここに“そのように”あらわれているものすべて、そのまま「縁」のたまものであり、「仏」のいのちのあらわれなのであって、それらに対していちいち好ましく思ったり、厭わしく思ったりしなくても大丈夫。ありのままあるすべての中にくつろいで、自分に与えられたそれを、ただただまっとうすれば良い――

……そんなメッセージが、この道元さんのことばからは発せられているように思うのですが、いかがでしょうか。

いまここにおいては、否定されるべきものなど、なにひとつとしてないのかもしれませんね。「個としての自分(私)のいのち」をもひっくるめたすべてに、ただただ、「ありがとう」です。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年3月13日発行号より転載)