祝・「こころ」の定義、決まりました! 〜TANDENメソッド的身心一如論〜

2019年4月1日

あ、わかった! 「こころ」イコール「思考・感情・感覚の中心点」と考えればいいんだ!!!

この定義で言う「こころ」の位置は、瞬間ごとに移動している。どこを移動しているのか。「あたま」と「おなか」の間を移動しているんだ。

「あたま」は「考える」。「おなか」は「感じる」。「こころ」の位置が「あたま」に近ければ近いほどグラグラ揺れるし、「おなか」に近ければ近いほどドッシリ落ち着く。

「考える」よりも、「感じる」の方が、安定していて、強い。だから、「おなか」に「こころ」をおさめることが大事なんだ。

こういうことなんだなあ。はあ、やっと明確に言語化できた! またひとつ、TANDENメソッドが進化&深化&神化!? した気がしてうれしい!!!

これを「TANDENメソッド的身心一如論」と名付けよう。ワクワクしてきた!

こんにちは! 令和さん。
はじめまして! 令和さん。
手に手を取り合って、仲良くやっていきましょうね!

って、なんだか白々しい〜〜〜(笑)。

だってさ、今日のお昼前、
新元号の発表に日本中が湧き立っている頃、

私は、ただひとり、ぜんぜん違うことで、
みずからの身心を湧き立たせていたのだもの……(笑)。

元号の新化より、
TANDENメソッドの進化&深化&神化ですよ、みなさん!!!

ってことで、
TANDENメソッド、またひとつあたらしくなります!!!

昨日、私、
「こころの声」なんかわからなくていい
っていう記事を書いたじゃないですか。

で、ラジオ瞑想終了後の10分トークでも、

「今後一切、こころのことを私に聞かないでください!」

と、性格の悪い発言を繰り返し(笑)
みるみるうちにファンを減らしたじゃないですか……(涙)。

でもね、そのあとから、私、
なんだかずーーーっとモヤモヤしていて。

なにか大切なことを見落としているような気がする。
なんだろう、なんだろう、なんだろう……。

って、ずーーーっと考えていたんです。
桜を見ながら。お酒を飲みながら。
盛大に酔っ払いながら(笑)。

で、今朝ですよ。
ついにそのモヤモヤの原因がわかりました。

私は、これまで、「こころ(ハート)」ということばを、
「感情を感じるところ」という定義で使っていたのですが、

この定義に、大問題があったことに気づいたんです。

「こころ」は、そもそも、
「おなか」や「あたま」と同列に並べるべき存在じゃなかった。

っていうか、そもそも、

「おなか」=「感覚を感じる場所」
「あたま」=「思考を考える場所」

(「頭痛が痛い」的表記になっているのはわざとです!)

っていう定義自体が乱暴すぎたんです。

これ、間違ってはいないんですけれど、
ちょっと繊細さに欠けていた。

いや、ほんと「いまさら!?」って話なんですが、
ほんとうに、ほんとうに、みなさま、ごめんなさい!
訂正させてください!!!
ほんとうにごめんなさい!!! 
伏して謝ります!!!

ってことで、今後は、

「こころ」=「思考・感情・感覚の中心点」

と定義させてください。

すべての思考や、感情や、感覚は、
「こころ」を中心として生まれてくる、と思ってください。

そして、「こころ」は、瞬間ごとに、その位置を変えます。

物理的な「あたま」と、物理的な「おなか」の間を
行ったり来たりするのです。

そして、
「こころ」が「あたま」と「おなか」の間のどの位置にあるかによって、
思考・感情・感覚の「質」がまったく変わってきます。

「あたま」は「考える」。
「おなか」は「感じる」。

だから、
「こころ」が「あたま」寄りの位置にあるときは、
「思考を考える」「感情を考える」「感覚を考える」
といったようなことが起こります。
(変な日本語ですが、ゆるしてください)

一方、
「こころ」が「おなか」寄りの位置にあるときは、
「思考を感じる」「感情を感じる」「感覚を感じる」
といったようなことが可能になります。

これはもう、言うまでもないことですが、
「考える」は不安定ですが、「感じる」は安定しています。

「こころ」が「あたま」寄りの位置にあるとき、
私たちは、なんだかソワソワとして、呼吸が浅くなり、動悸も激しくなり、
見える世界も、暗く、狭くなってしまいます。
自分ひとりきりの、冷たく、孤独な世界です。

逆に、
「こころ」が「おなか」寄りの位置にあるときは、
私たちは、非常にドッシリとして、呼吸も鼓動も安定して、
見える世界も、明るく、広くなっていきます。
神、仏、宇宙……すべてとのつながりの中にある、
とってもあたたかな世界です。

だから、「おなか」に「こころ」をおさめることが、
なににおいても、いちばん大切なことになってくるんですね。

(※これまでは、「おなかに意識をおさめてください」と言っていましたが、
そういうわけで、今日からは「こころ」ということばを使います!)

「こころ」の正位置は、「おなか(丹田・TANDEN)」です。

以上を、「TANDENメソッド的身心一如論」と名付けて、
これからどんどん深めていきます!

はぁーーー、スッキリした!!!

でも、TANDENメソッド実践者さんを、
少し、混乱させてしまったかもしれません。

ここに関しては、ほんとうに謝りたいです。
ごめんなさい。

ブログでは、ちょっとわかりづらいところもあると思いますので、
これに関しては、明日(4月2日)のラジオ瞑想終了後の
10分トークの時間に詳しくご説明いたします。
録音もYouTubeに載せますので、どうかお待ちください。

心機一転、爽やかな気分で、TANDENメソッドに取り組みます。
みなさま、これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

追記:
「令和」って、なんだか落ち着きがあって、響きもうつくしくて、いいですよね。
なんとなく、優美な富士山の姿が思い浮かぶ。
TANDENメソッドのロゴにも近いイメージ?
私は好きだな、令和。
新元号とともに、力強く歩んでいきます!

 

毎朝6時からラジオ瞑想を生放送しています。
瞑想初心者大歓迎! 登録不要、無料でご参加いただけます。

ラジオ瞑想でシェアしているTANDENメソッドによって、
こころとからだ、生活におもしろい変化が見られたよ、って方。
ツイッターやツイキャスで、ぜひぜひ、体験談をお寄せください。
疑問・質問もお待ちしています! お気軽にどうぞ◎

ツイッターでは#ラジオ瞑想#TANDENメソッドなどの
ハッシュタグを付けてくださいね。

ラジオ瞑想 毎朝6:00-6:30
https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide

早起きできないよ〜! って方には、録音もご用意しています。
ご参加お待ちしています!

 

お知らせです!
4月27日(土)に、久しぶりに、お話会「リアル版・遥子の部屋」を開催します。

持ち寄った食べ物、飲み物をたのしみながら、
人生をたのしく生きるコツを「ゆる〜く」シェアし合いましょう。
「TANDENメソッド」生講座も行います。

平成最後の土曜日!
みんなでたのしい時間を過ごしましょう。

日時:2019年4月27日(土)
◾️第一部 (TANDENメソッド講座) 13時半〜14時半
◾️第二部 (懇親会) 15時〜17時
場所:東京都北区某所
参加費:第一部・第二部通し5000円/第二部のみ3000円
定員:第一部・第二部合わせて15名

ご参加を希望される方は、お名前(フルネーム)、お電話番号、
第一部・第二部通し、第二部のみ、どちらにご参加かを、
以下のメールアドレスにお送りください。
メールタイトルは「リアル版・遥子の部屋 参加希望」としてください。

ぜひぜひ、お気軽に遊びにいらしてくださいね。
ご参加、こころよりお待ちしています◎

お申し込み・お問い合わせ:haruko.info@gmail.com