【空海】重々帝網なるを即身と名づく

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回のことばは、弘法大師の『即身成仏義』という書物の中からチョイスしてみました。

「帝網」というのは、仏法の守護神である帝釈天の住む宮殿にかけられた網のことです。「インドラの網」とも呼ばれます。その網のひとつひとつの結び目には宝石が縫いこまれており、それらが互いに映じ合って、無限に光を反射させているのだそうです。

ひとつひとつの結び目は、とても小さいものです。しかし、その中のどれかひとつでも欠けたら、全体の輝きは失われてしまいます。そして、その結び目は、ほかでもない、私たちひとりひとりのことなのです。

すべて、互いに縁となり合って存在している―― インドラの網は、仏教の「縁起」の思想をあらわした、非常にうつくしい物語だと思います。

私たちのいのちは、まさしく、この果てしなく広大なご縁のネットワークの中にあるのであり、そして、その全体が、そのまま仏のいのちであるのだと……。私たちは、この身このままで、間違いなく、仏のいのちそのものを生きているのだと……。冒頭の空海さんのことばからこんなことを感じて、しみじみとこころを動かされました。

私たちは、自分では想像もつかないほど巨大で、信じられないぐらいうつくしいいのちを、生かされているのかもしれませんね。もう、ほんとうに、安心していて良いのだなあ……と。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年4月3日発行号より転載)