【一休】世の中は食うて稼いで寝て起きて さてそのあとは死ぬるばかりぞ

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

「五月病」という単語がチラホラ聞かれるこの時期には、ちょっと刺激が強すぎるかな? と思いつつ、今回の一休禅師のことばを選んでみました。そのまま受け取るだけだと、あまりに身も蓋もないような狂歌ですよね。しかし、私はここに、人生そのものへの、とてつもなく大きな愛を感じるのです。

人間誰しも、いつかはかならず死を迎えます。それは肉体をもって生まれた存在の宿命です。しかし、その一見して恐ろしくてたまらないような事実に、一旦腰を据えてじっくりと向き合ってみると、そこには意外なほど大きな安らぎが待っていてくれます。

「死」の方から「生」を見つめると、食べることも、稼ぐことも、寝ることも、起きることも……つまりは「生きること」のすべてが、はかなくゆらめく蜃気楼のようなものでしかないことに気づかされます。しかしながら、その理解がおなかの深いところに「ストン!」と落ちると同時に、今度は、自他の区別なく、いまここにあるすべてを、これまで以上に愛おしく、リアリティーのあるものとして、とてつもなく大切に感じはじめるのが不思議なところで……。

そうなってはじめて、人間は、余計な深刻さを捨て去って、ほんとうの意味で真剣に、自らの生に向き合っていけるのでしょう。一休さんは、強烈なことばをもって、その大きな可能性を、私たちに示そうとしてくださっているのかもしれませんね。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年5月8日発行号より転載)