【夢窓疎石】しるしなきこそ、しるしなりけり

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は南北朝時代から室町時代初期にかけて活躍した臨済宗のお坊さん、夢窓疎石国師のことばを選びました。「効験がないことこそが、神仏のおぼしめしである」といったような意味になるでしょうか。神仏に直接的なご利益を求める人々を戒めることばです。

困ったときの神仏頼みは、なにも悪いことではありません。(私自身、昔からよくやってきました。)ただ、目に見えるかたちでのご利益がないからと言って、神仏に文句を言ってしまうのはいただけないというか、お門違いなんじゃないかな……とは思います。

最近よく思うのは、いまここにあらわれているものが、文字通り「すべて」なのだよな、ということ。逆に言えば、いまここにあらわれているもの以外は、絶対にあらわれようがなかった、ということです。

いまここにあるものが100パーセント。これ以外ない。

このシンプルすぎるほどにシンプルな事実がストンと腑に落ちると、いまここにないものを求めて暴れまわっても仕方がないな、という気分になってきます。すると、すでに与えられているものに、ちゃんと感謝できるようになるのですね。

ほんとうの意味での神仏のご利益というのは、そういうところにあるのかもしれないな……。そんなことをしみじみと思う、この頃です。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年9月25日発行号より転載)