【内山興正】思い以上のところで生死する生命に、 思い煩うアタマがくっ付いているだけにすぎない。

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は、藤田一照さんや山下良道さん、ネルケ無方さんなどの現代の名僧を多数輩出している曹洞宗の坐禅道場・安泰寺の六代目住職、内山興正老師のことばを選びました。

人間が「なにかをしよう」と思い立つ0.5秒前に、実は、すでに身体は動いている、というようなことが科学的な文脈で語られるようになってから数年が経ちます。自分の思いや考えが湧き上がる前に、すでにすべてはそのようにととのっている……。自らの意志の力を信じ切ってしまっている私たちには、そう簡単に信じられるような話ではないですよね。

でも、事実、すべては「思い以上のところ」、つまり広大なご縁の網目の中で、瞬間ごとに生滅を繰り返しているだけなのだとしたら……。「行動」も「感情」も、自分の「アタマ」のはたらきに先立って、ただ、そのようにあらわれているだけなのだとしたら……。いちいち深刻に「思い煩う」自分自身の姿が、なんだか滑稽に思えてきたりしませんか? と同時に、愛おしさがこみ上げてきたりしませんか?

「放てば手に満てり」とは道元禅師のことばですが、世界をありのままに見通したところに、「自分」という「思い煩い」すら手放して、ゆったりとくつろいでいられる境地が、限りなく開けているのかもしれませんね。「思い以上のところ」からの気づきに、常に包まれていたいものですね。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年5月22日発行号より転載)