【無量寿経】各各安立

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は浄土系の経典である『無量寿経』の中から「各各安立(かくかくあんりゅう)」ということばを選んでみました。阿弥陀如来の世界では、すべての存在が持って生まれた個性をそのままに発揮し、しかも互いを侵し合わずに暮らしているのだそうです。まさしく理想の世界だな、と思います。

いかにしてそういった世界を「理想」のままに終わらせずに、いまここに実現していくか……。仏教というのは、究極的にはそこに集約されていくものなのかもしれません。

キーワードとなるのは「各各安立」の三文字目、「安」だと思います。「安心(あんじん/あんしん)」ですね。そこさえクリアできれば、理想の世界は意外に簡単に実現してしまうのではないかな、と、私は考えています。

では、いかにして「安心」を生きていくか。

ごく簡単に言ってしまえば、「自分はひとりで生きているわけじゃない」という感懐がやってきたときに、「安心」も彼方からやってくるように思うのです。「すべての存在に支えられて、いまここにあるんだ」「そして自分だって、いまここで間違いなくすべてのものを支えているんだ」といった縁起観が、理屈を超えて理解できたときに、それはおなかの底にストンと収まって不動のものとなるような気がしています。

なにはともあれ、まずはいまここにある「自分」の成り立ちをじっくり見つめることから、ですね。すべての人が、一日のうちほんの数秒でも、そういった時間を持てたのなら……。遠回りなようでありながら、実はそれが最も迅速な「世界平和」への道なんじゃないかな、と思っています。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年7月24日発行号より転載)