【道元】心(しん)とは山河大地なり 日月星辰なり

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は道元禅師のことばを選んでみました。地球上……いや、宇宙の事象すべては、すなわち「心」である、といったような意味になるでしょうか。

ふだん、私たちは、自分の心が対象を捉え、それを認識していると思い込んで生きています。しかし、道元さんは心こそが万物そのものであり、万物がそのまま心である、とおっしゃるのです。

認識の主体も客体もなく、ただただすべてが“ひとつ”として「ある」だけ――

この境地を真実生きることができたら、自他の間の争いは消えてしまう……というか、そのもそも成立しなくなってしまいますよね。

長年抱えてきた思い込みを外していくのはなかなか大変なことです。でも、夏の星空の下、そのすべてが心であることを想像してみるのは、単純に、とても楽しい経験になりそうですね。私も、やってみようと思います。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年8月7日発行号より転載)