【最澄】ただ耳より入り、口から出ずるを尊び、 内心を治むることを得ず

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は伝教大師・最澄さんのことばを選びました。ちょっと辛口に解釈すると、「教えを聞いたり、経文をとなえたりするだけで満足しているうちは、心の平安は得られない」といったような意味になるでしょうか。

人間って、なにかをあたらしく学ぼうとするときには、どうしても「先生の言うこと」や「文献に書いてあること」に頼ってしまうのですよね。もちろん、そういう学び方が悪いというわけではないのですが、しかし、そちらのタイプの「お勉強」に夢中になりすぎると、やはり、本来の目的を見失いがちになってしまうので、注意が必要だなあ、と思うのです。

自分はそもそもなぜ仏教に惹かれたのだっけ? 「心の平安」を求めてのことではなかったっけ……?

このように自問自答して、できるだけ最初の動機と離れないでいることは、「道を求めて道に迷う」ことを回避する上で、とても大事なことなんじゃないかな、と思います。

自由になるための教えで不自由になってしまっては元も子もありません。ほんとうの意味で「自分」が軽く、オープンになっていっているかどうかは、「修行」を進めていく上での、大きな判断基準になるのかもしれませんね。

自戒も込めて、書いてみました。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年8月14日発行号より転載)