【親鸞】親鸞は弟子一人ももたずそうろう

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は親鸞聖人のことばを選びました。文字通り「私は一人の弟子も持たない」……つまり「私に弟子は一人もいない」という意味になるのでしょう。

仏さまの前では、みな一様に「なにものでもないもの」です。なにものでもない、完全にフラットな存在であるからこそ、正誤や優劣を競うことなく、仏さまの慈愛の中にくつろいでいられるのです。

そこには当然、「師匠」も「弟子」もありません。みな一様に、「同じ道を歩む仲間」です。

そのことが完全に腑に落ちてはじめて、人間の分別心を離れたところで、「同輩」の存在をこころから尊び、敬うことができるのかもしれません。

ほんとうの意味での「平和な世界」は、そこに広がっているような気がするのです。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年8月21日発行号より転載)