【一休】有漏路より無漏路へ帰る一休み 雨降らば降れ 風吹かば吹け

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は一休禅師の名前の由来とも言われる句を選んでみました。

有漏路(うろじ)とは思考が作り出したファンタジーの世界に迷ってしまっていること、無漏路(むろじ)とはファンタジーの世界を抜け出して、ただ、いまここに落ち着いていることです。

「無漏路に帰ってしまえば、雨が降ろうが風が吹こうが問題にならない。(だからお好きなように)」……といったような意味になるでしょうか。軽やかで、大変清々しい境地だなあ、と思います。

「雨が降っている。風も出てきた。嫌だなあ。憂鬱だなあ」というのは空想の世界。事実は、ただ単に「雨が降っている。風が吹いている。以上!」……なんですよね。

有漏路に遊ぶのも悪くないけれど、そればかりじゃ疲れてしまいます。たまには無漏路に帰って「一休み」することが、私たちには必要なのかもしれません。

まずは、自分が、普段、空想の世界の住人として生きていることに気づくことから、ですね。気づいたときから、開けてくるものがあるような気がするのです。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年9月4日発行号より転載)