【空海】日月(にちげつ)空水(くうすい)を光(て)らす。 風塵(ふうじん)妨ぐるところなし。

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は弘法大師の『性霊集』という書物からことばをピックアップしました。日の光、月の光は、空や水をも含んだ万物を照らしている。世界にどんなに塵が多く舞っていたとしても、その光を妨げるものではない。……といったような意味になるでしょうか。

真言密教では、この世にあらわれ出ているものは、すべて大日如来の化身である、と教えます。ここで言う「すべて」は、文字通り「すべて」です。つまり、私たちがついつい「塵のようなもの」と捉えて排除したくなる「分別心」や「利己心」すら、すべて、仏そのもののあらわれである、ということです。

排除しようと躍起になるのではなく、ただ、それがそこにあることを認めてあげればいい――

なんだかあまりにもおおらか過ぎて戸惑ってしまいますが……「ただ認める」ということが素直にできたとき、そこにはなんの思いわずらいもない、ほんとうの意味で平和な世界が待っていてくれるのでしょう。

南無大師遍照金剛

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年10月2日発行号より転載)