【良源】迷えば石木異なれども、悟れば氷水ひとつなり

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

良源さんは平安時代の天台宗のお坊さんです。一般的には元三(がんざん)大師という通称の方が有名かもしれませんね。

「迷いの中にあるときは、石と木はまったくの別物に見えるが、さとりの目で眺めてみれば、氷と水がもともとは同じものであることがわかるように、すべては “ひとつ”として存在していることが理解されるのだ」……といったような意味になるでしょうか。

それぞれの「違い」は、多様性のあらわれとして尊ぶべきものです。しかし、そのためには、まずは一度、そもそもすべては「同じ」“ひとつ”であったことに思いをいたすことが必要になってくるでしょう。そして、それは、なにも難しいお話ではなくて、ただただ虚心坦懐に目の前のすべてを眺め渡してみれば、すぐに理解されることなのかもしれません。

ほんの少しの勇気で、「世界」はその姿をガラリと変えてしまう。これは、希望以外のなにものでもないと思うのですが、いかがでしょうか。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年10月16日発行号より転載)