【聖徳太子】世間虚仮、唯仏是真

2014年5月14日
イラスト:nihhiイラスト:nihhi

今回は、国宝・「天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)」に記された、聖徳太子のことばを選んでみました。読み下すと、「世間は虚仮(こけ)にして、唯(ただ)仏のみこれ真(まこと)なり」となるようです。

正直、最初に読んだときには、このことばがまったく好きになれませんでした。随分と悲観的だなあ……と思ってしまったのです。しかし、最近になって、私自身の理解が変化してきました。これは決して、諸行無常の世界から目を背け、仏の世界への逃避を勧めるような、後ろ向きなことばではないのだな、と。

ほんとうのところ、「仮の世」(世間)と「真の世」(仏の世界)のふたつは、決して離れた場所にあるのではなく、まったく同時に、“いまここ”に展開されているのだと思うのです。

鴨長明著『方丈記』の冒頭には、「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」という一文があります。しかしながら、その「流れ」を浮かべる舞台となっている「河」だけは、いつだって変わらず「河」そのものです。それと同じで、絶えず移り変わる「虚仮」の「世間」をありのままに見つめ続けていると、その背後……といいますか、まったく同じところに、唯一、決して移り変わることのない、真の「仏」の世界が浮かび上がってきます。

一見矛盾しているようですが、思い切って“いまここ”にある世界にすべてを浸しきってみたときに、「真実」は圧倒的な説得力を持って、私たちを包み込んでくれるのでしょう。そんな気がしているのです。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年3月6日発行号より転載)