「Temple School」開校しました!

2017年3月5日

おはようございます。小出遥子です。

昨日は北鎌倉の円覚寺さんにて

≪Temple School 特別イベント第1弾≫臨済宗円覚寺派管長・横田南嶺さん×バランストレーナー・小関勲さん対話「“いのち”と“つながり”のお話」&ヒモトレワークショップ

というイベントを開催させていただきました。

いやー、いい時間、いい空間でしたね。ほんとうに。

って、自画自賛かよ!? という話ですが、
これも、ひとえに、横田南嶺老師と小関勲さん、
ご協力くださった円覚寺の雲水さん、和尚さん、
そしてご参加くださった方々、応援してくださった方々
おひとりおひとりの「おかげさま」です。

ほんとうにありがとうございました。
全方位に合掌、です。

昨日の様子は、また近々詳しくレポートするとして……。

ほんとうに、
「Temple Schoolって、いい場だなあ……」
「開いて良かったなあ……」
と、しみじみ思いました。

正確に言えば、
「開かせてもらえるご縁をいただけて良かったなあ」ですけれど。

「Temple School」というのは、
お寺(をはじめとする宗教空間)を舞台とした「いのち」の学びの場です。

ふだんは「Temple」という純粋な対話の場を開いているのですが、
そこにさまざまなジャンルの講師の方をお呼びし、
こころとからだとをまるごと使うような学びの時間をプラスして、
より立体的に「いのち」をとらえ、感じてもらう場にしたい、と。

構想自体は、実は1年以上前からあったんです。

でも、いつ実現させようか考えあぐねているうちに、
話は向こうからやってきて……。

第一弾となった今回の企画だって、
実は、ほとんど30分のうちに話がまとまってしまったんです。
おおげさでもなんでもなく、実話です。

そこにはなにかを「緻密に計画して」「堅実に実行にうつす」ほどの時間もなかった。
というより、そもそもそこには
なにかを「計画して」「実行にうつす」自分はいなかった。

ぜんぶ、ご縁の中で、流れるように企画が立ち上がって、
流れるように準備が進んで、流れるように当日を迎えて……。

おもしろいですよね。
ほんとうの意味でなにかが「動く」とき、
そこにはなにかを「する」人はいないのかもしれない。

いや、もちろんね、今朝の私は結構な「お疲れちゃん」ですし、
(今日は自分に酵素風呂をプレゼントしようと思います……。笑)
実際に、精神と肉体とを使ってなにかをしたのは、まぎれもなく「私」なんです。

にもかかわらず、ほんとうの意味では、私はなにもしていない。
なにかをしたという意識もないままに、気がつけばすべてが終わっていた。

ここにあるのは、圧倒的な「これでいいのだ」感。
ほんとうに、ただ、それだけ。

もちろん、いろんな反省点はあるし、
次回以降、ここはこう改善しよう、という思いもある。

でも、それもひっくるめて「これでいいのだ」
「これ以外なかったのだ」って。

ありがたいなあ、と思います。
そう思っているのは「私」ではないのだけれど。

ただただ、ありがたいです。
ありがとうございます。

船出したばかりのTemple School、
どうか、あたたかく見守ってくだされば。

次回のTemple Schoolの予定もばっちり立っていますよ。
詳細は4月か5月に当サイトでお知らせします。
どうかお見逃しなく!

よい一日をお過ごしください◎

 

会場が神谷町光明寺から川崎の髙願寺に変更になりました!
定員30名です。お早目にお申し込みくださいませ。

【3/16(木)】Temple@髙願寺

[DATE]
2017年3月16日(木)
19:00~21:00(受付18:30~)
[PLACE]
髙願寺至心学舎

http://temple-web.net/event/45/