いまを生きる

2017年3月31日

おはようございます。小出遥子です。

昨日、友人が、半年ほど前の私のとあるツイートについて、
「これってどういう意味?」と聞いてきたのですが、
いかんせんそれは半年前のつぶやきであったので、
本人としては、それをどういう文脈の中で、
どういった意味を持たせて発言したのか、
きれいさっぱり忘れてしまっていて……。
なので、そのまま正直に「忘れてしまいました」と返しました。

すると、友人、「い、いまを生きろ~!」と(笑)。
それに対して、私は、「いまを生きているから、
忘れちゃうときには忘れちゃうんだよ」と返しました。

あはは。なんだこのやりとり(笑)。
……でも、まあ、大事なことですよね。

もちろん、「過去や未来をきれいさっぱり断ち切って生きること」
=「いまを生きること」というわけでは決してありません。

過去への後悔や未来への心配が「いま」湧いてくるなら、
それはもう、どうしようもなく湧いてくるのです。
それは人間が自分の意志でどうこうできるものではないので、
もし、そういうことが起こったのなら、
過去への後悔や未来への心配が湧き上がっている「いま」を生きるしかない。

それと同じで、過去の記憶や未来の予測が「いま」湧いてこないのなら、
それはもう、過去や未来のない「いま」を生きるしかないのです。

「いま」起こってくることを、私たちが選ぶことはできません。
私たちにできることは、すでにそうなっている「いま」を、
ただただ真摯に生ききることだけ。

すごくシンプル。

だけど、そのシンプルさをきちんとやっていくことさえできたら、
ちゃんと未来は創られていくし、過去だってあるべき姿に整えられていくんです。

大丈夫ですよ。なにも心配することはない。

今日も、シンプルに、いまを生きていきましょう。

よい一日をお過ごしください◎

 

【4/22(土)】Temple@髙願寺

[DATE]
2017年4月22日(土)
13:30~15:30(受付13:00~)
[PLACE]
髙願寺至心学舎

「二階堂和美さんとの対話/いのちの記憶はのこり続ける」
という記事をベースとした、いのちの対話の集いです。
ふるってご参加くださいませ!