桜を見ている私はいない

2017年4月9日

おはようございます。小出遥子です。

昨日、Dialogueコーナーに、タイ・スカトー寺副住職の日本人僧侶、
プラユキ・ナラテボーさんとの対話記事を掲載しました。
「慈悲」のこころにふわっとつつまれるような……
そんな、やさしいことばが並んでいます。
どうぞ、じっくりお読みくださいませ!

上記の対話記事をベースにしたTempleも開催します!
プラユキさんご本人もご参加くださいますよ。
こちらも、ぜひ。

さて、昨日今日と東京の桜が満開になっています。
みなさんのお住まいの地域の桜はいかがですか?

満開の桜って、見るたびにびっくりしてしまうんですよね……。
あのブワッとしたモリモリ感……(語彙が貧弱ですみません……)
自然はそのままアートだな、と毎回畏怖の念を抱きます。

すごいなあ……。

でも、ほんとうに「すごい」のは、桜そのものというよりは、
「見る」ということが、いまここで起こっていること、
そちらの方にあるのかもしれません。

私たち、自分の目で桜を見ている、と思っていますよね。
でも、それってほんとうにほんとうなんですかね?

誰かにそう教え込まれたから、
そう思っているだけなんじゃないですかね?

それって単なる「思い込み」なんじゃないですかね?

「桜を見ている私」というのは、
実は自分の思考の中にしか存在しなくて、実際のところ、
見る主体としての私も、見られる対象としての桜もなくて、
そこには、ただ、「見る」ということだけが起こっている
……のではないですかね?

いや、これ、なにも不思議な話じゃないんですよ。
単なる事実です。

虚心坦懐に観察してみればわかります。

ああ、ほんとうだ。
「対象を見ている主体としての私」なんて、どこにもいない、
思考の中にしか存在できないんだ、って。

実際、満開の桜を前に感動で声を失っているとき、
「私」はそこにいますか?

「桜を見て感動している私」は、
ほんとうのほんとうに見つかりますか?
思考の外に、見つかりますか?

そこには、私も桜もなくて(そのふたつは分離していなくて)、
ひとつらなりの「見る」という経験だけがあるんじゃないですか?

私たちは、その、ひとつらなりの「見る」という経験に、
「私が桜を見て感動したのだ」というラベルを貼りつけて解釈してしまうけれど、
その「解釈」以前の世界こそが、ほんとうの世界(あえて言うなら……)なんですよ。

ほんとうの感動は、いつだってそこで待っていてくれています。

よい一日をお過ごしください◎

 

4月22日(土)のお昼に、川崎の髙願寺さんにて、
対話の集い・Templeを開催させていただくこととなりました。

今回は、Temple Web掲載の
「二階堂和美さんとの対話/いのちの記憶はのこり続ける」
という記事を糸口として、みなさまと一緒に、
「いのち」からはじまる対話をたのしめたらいいな、と考えております。

ご興味がございましたら、以下のイベント概要をお読みいただいた上、
(下記「ご参加にあたってのお願い」もご熟読くださいませ)
フォームよりご参加のお申し込みをいただけますとさいわいです。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。
みなさまとお目にかかれるのを、楽しみにお待ちしております。

(Temple運営事務局・小出遥子)

===========================================

Temple@髙願寺

日時:2017年4月22日(土)13:30~15:30(受付13:00~)

【タイムスケジュール】
◆13:00~13:30 受付&リフレクション1
→お寺=仏さまの見守る空間で、心地良い音楽とともに、
 思い思いにお過ごしください。
◆13:30~13:45 ごあいさつ&リフレクション2
→Temple主宰・小出遥子のごあいさつののち、
 お坊さんと一緒に、参加者全員でお経を読みます。
◆13:45~14:30 ダイアローグ1
→Temple Web掲載の
 「二階堂和美さんとの対話/いのちの記憶はのこり続ける」
 という記事から感じたことを、参加者同士、少人数のグループに分かれて
 シェアリングしていただきます。(事前に当該記事を各自でお読みになった上で
 ご参加くださいますよう、お願いいたします。)
◆14:30~14:45 休憩
◆14:45~15:30 ダイアローグ2
→グループのメンバーを変えて、引き続き、少人数で対話をしていただきます。
 後半のダイアローグのテーマは、ズバリ「いのち」。
 ご縁にしたがって、ざっくばらんに対話をおたのしみください。

《ご参加にあたってのお願い》

・プログラムの進行上、Temple Web掲載の 
 「二階堂和美さんとの対話/いのちの記憶はのこり続ける」 を
 事前にかならずお読みいただいた上でご参加ください。
・Templeは議論の場ではありません。ご自身のお考えを押しつけることなく、
 違った意見もやわらかい心で受けいれましょう。
・全員が心地よくダイアローグの時間を過ごせるよう、
 各グループごとに、お気遣いと工夫をお願いいたします。
 (例:ひとりの方だけが話し過ぎることのないようにする、など)

上記のルールをお守りいただくことが難しい方は、ご参加をご遠慮ください。
もし、このルールに反するような振る舞いが見られた場合は、
その場でご退場いただくこともございます。
安心・安全な場作りのため、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

会場:髙願寺至心学舎
(JR南武線・東急東横線「武蔵小杉」駅 北口バスロータリー1番のりば(市営バス)、もしくは2番のりば(東急バス)より、バス停5つ目「市営等々力グランド入口」下車すぐ)
http://www.kouganji.net/index.html

定員:30名(先着順)

参加費:2000円(当日、受付にてお支払いください)

お申し込み: こちら↓のフォームよりお願いいたします。
http://ur2.link/Ccn0 

お問い合わせ:temple00001.info@gmail.com 
※髙願寺への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

主催:Temple運営事務局(主宰・小出遥子)

===========================================

Temple Website:http://temple-web.net/
Temple Facebookページ:https://www.facebook.com/temple00001
Temple Twitter:https://twitter.com/Temple00001