なんだ、夢か……。

2017年4月12日

おはようございます。小出遥子です。

夜中にガバッと飛び起きて、「なんだ、夢か……」みたいな、
そんな、マンガみたいな状況を経験したこと、ありませんか?

私は、割としょっちゅうです。

「どうしよう! 毒、飲んじゃった!」
って言って真夜中に飛び起きることが、
2週間に1回ぐらいあるんですよね……。
これ、結構な頻度ですよね……。
どうにかならないものか……。
というか、前世の私、どういう死に方をしたんだ……?(笑)
いやいや、笑いごとじゃないですよ……。

それはまあいいとして……(いいのか?)
私が問いたいのは、

「なんだ、夢か……」と言っている、その瞬間、
あなたはほんとうに夢から覚めていますか?

ということで。

寝ているときに見ているものだけが夢であると、
この「現実」は夢ではないと、
誰に断言できるのでしょうか?

常々思っているのは、
この、みんなが当たり前のようにして生きている「私」という現実、
これこそが、まさしく、最大の夢なんじゃないかな、ということ。

私たち、いつだって白昼夢の中にいるんじゃないかな。

いや、リアリティはリアリティとしてあるんですよ。
でも、「私」という色眼鏡をかけた上でそのリアリティを眺めると、
それはほんとうのリアリティ(変なことばですね)ではなくなってしまうんです。

ここにあるのは、朝の光、鳥のさえずり、春の野の香り、
PCのディスプレイ、キーボードを叩く感触……
ただ、それだけ。

しかもそれは個別に分かれているものではなくて、
すべて、ひとつらなりの経験としてここにあるのに、
そこに「私」という意識が介入すると、

私が朝の光を感じ、私が鳥のさえずりを聞き、
私が春の野の香りを嗅ぎ、私がPCのディスプレイを見つめ、
私がキーボードを叩いて文章をつづっている……
という「ストーリー」が瞬時に生まれてしまう。

ストーリーが悪いわけではないんです。
それだってほんとうは私不在のままに起こっているのだから。
(究極のパラドクスですね。)

でも、ストーリーとリアリティを取り違えると、
いまここにいつだって開かれている究極の安心感に
いつまで経っても触れられないことになってしまう。
それは、単純に、もったいないな、と思うのです。

覚めようと思っても覚められないのが夢の特徴ですが、
(「私」のない世界で、誰が、なにから覚めるのでしょう?)
「これも、夢なのかもしれない」と思ったときに、ふっとなにかがゆるんで、
そこに真のリアリティが顔をのぞかせることはあるかもしれない。

「なんだ、夢か……」は最大の祝福ですね。

よい一日をお過ごしください◎

 

4月22日(土)のお昼に、川崎の髙願寺さんにて、
対話の集い・Templeを開催させていただくこととなりました。

今回は、Temple Web掲載の
「二階堂和美さんとの対話/いのちの記憶はのこり続ける」
という記事を糸口として、みなさまと一緒に、
「いのち」からはじまる対話をたのしめたらいいな、と考えております。

ご興味がございましたら、以下のイベント概要をお読みいただいた上、
(下記「ご参加にあたってのお願い」もご熟読くださいませ)
フォームよりご参加のお申し込みをいただけますとさいわいです。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。
みなさまとお目にかかれるのを、楽しみにお待ちしております。

(Temple運営事務局・小出遥子)

===========================================

Temple@髙願寺

日時:2017年4月22日(土)13:30~15:30(受付13:00~)

【タイムスケジュール】
◆13:00~13:30 受付&リフレクション1
→お寺=仏さまの見守る空間で、心地良い音楽とともに、
 思い思いにお過ごしください。
◆13:30~13:45 ごあいさつ&リフレクション2
→Temple主宰・小出遥子のごあいさつののち、
 お坊さんと一緒に、参加者全員でお経を読みます。
◆13:45~14:30 ダイアローグ1
→Temple Web掲載の
 「二階堂和美さんとの対話/いのちの記憶はのこり続ける」
 という記事から感じたことを、参加者同士、少人数のグループに分かれて
 シェアリングしていただきます。(事前に当該記事を各自でお読みになった上で
 ご参加くださいますよう、お願いいたします。)
◆14:30~14:45 休憩
◆14:45~15:30 ダイアローグ2
→グループのメンバーを変えて、引き続き、少人数で対話をしていただきます。
 後半のダイアローグのテーマは、ズバリ「いのち」。
 ご縁にしたがって、ざっくばらんに対話をおたのしみください。

《ご参加にあたってのお願い》

・プログラムの進行上、Temple Web掲載の 
 「二階堂和美さんとの対話/いのちの記憶はのこり続ける」 を
 事前にかならずお読みいただいた上でご参加ください。
・Templeは議論の場ではありません。ご自身のお考えを押しつけることなく、
 違った意見もやわらかい心で受けいれましょう。
・全員が心地よくダイアローグの時間を過ごせるよう、
 各グループごとに、お気遣いと工夫をお願いいたします。
 (例:ひとりの方だけが話し過ぎることのないようにする、など)

上記のルールをお守りいただくことが難しい方は、ご参加をご遠慮ください。
もし、このルールに反するような振る舞いが見られた場合は、
その場でご退場いただくこともございます。
安心・安全な場作りのため、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

会場:髙願寺至心学舎
(JR南武線・東急東横線「武蔵小杉」駅 北口バスロータリー1番のりば(市営バス)、もしくは2番のりば(東急バス)より、バス停5つ目「市営等々力グランド入口」下車すぐ)
http://www.kouganji.net/index.html

定員:30名(先着順)

参加費:2000円(当日、受付にてお支払いください)

お申し込み: こちら↓のフォームよりお願いいたします。
http://ur2.link/Ccn0 

お問い合わせ:temple00001.info@gmail.com 
※髙願寺への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

主催:Temple運営事務局(主宰・小出遥子)

===========================================

Temple Website:http://temple-web.net/
Temple Facebookページ:https://www.facebook.com/temple00001
Temple Twitter:https://twitter.com/Temple00001