鳴かぬカラスはなんとでも鳴く

2017年4月15日

おはようございます。小出遥子です。

先日も書きましたが、今週、伊豆のシャボテン公園に行ってきました。
園内には多種多様な動物たちがウロウロしており、いろんな鳴き声が充満していました。

高い声、低い声、大きな声、小さな声、心地よい声、耳障りな声……。
ほんとうにたくさんの声を耳にしたのですが、そのほとんどが
ふだんまったく聞くことのないものだったので、とても新鮮でした。

そんな中で、私は、ひとつの道歌を思い出していました。

闇の夜に鳴かぬ烏の声聞けば生まれぬ先の父ぞ恋しき (一休宗純)

言わずと知れた、一休禅師の歌です。

闇の夜に鳴かぬ烏の声聞けば生まれぬ先の父ぞ恋しき……
チンプンカンプンですよね(笑)。
鳴かぬカラスの声って、いったいなんなのさ? って。
私も、ずっと謎に思っていました。

でも、シャボテン公園で、
たくさんの動物たちの鳴き声に囲まれながら、
ふと、思ったんです。

ああ……。
これこそが、「鳴かぬカラスの声」だ。

って。

カラスはなんと鳴きますか? と問われたら、大半の人は、
カラスは「カァ」と鳴きます、と答えるでしょう。
それが「常識」だと思って疑わないでしょう。

でも、それって、あくまで
「ひとつの固定されたアイディア」でしかないのではないでしょうか?

いままでカラスの鳴き声を聞いたことがない人が、
突然、あの鳴き声を聞いたとして、
その人は、それを、「カァ」という音としてとらえるでしょうか?

それとも、ただの純粋な「音」として、聞くともなくそれを聞くでしょうか?

シャボテン公園において、私はまったくの「無知」でした。
どの動物が、どんな鳴き声をあげるかなんて
まったく知らないままに歩いていたんです。

そこあるのは、「○○の鳴き声」なんかではなく、
ひとつひとつの、純粋な「音」の体験でした。
ひとつひとつが、とてつもなく尊いものでした。

あ、そうそう。
一休さんの歌の後半部分(下の句と言うんでしたっけ)の
「生まれぬ先の父」というのは、そのまま、
「いのちのはたらき」と読みかえて差支えないと考えます。

いのちのはたらきの中で、
いや、いのちのはたらきのあらわれとして、
今日もたくさんの純粋な「音」が生まれている……。

ほんとうは、すべてが、毎瞬、まったくあたらしい。

私たちは、とんでもない奇跡の中に生かされているのですね。

よい一日をお過ごしください◎

 

※こちら、ちょうど一週間後の開催ですが、まだまだお席に余裕ございます。
 ご友人等お誘い合わせの上、ふるってご参加くださいませ!

4月22日(土)のお昼に、川崎の髙願寺さんにて、
対話の集い・Templeを開催させていただくこととなりました。

今回は、Temple Web掲載の
「二階堂和美さんとの対話/いのちの記憶はのこり続ける」
という記事を糸口として、みなさまと一緒に、
「いのち」からはじまる対話をたのしめたらいいな、と考えております。

ご興味がございましたら、以下のイベント概要をお読みいただいた上、
(下記「ご参加にあたってのお願い」もご熟読くださいませ)
フォームよりご参加のお申し込みをいただけますとさいわいです。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。
みなさまとお目にかかれるのを、楽しみにお待ちしております。

(Temple運営事務局・小出遥子)

===========================================

Temple@髙願寺

日時:2017年4月22日(土)13:30~15:30(受付13:00~)

【タイムスケジュール】
◆13:00~13:30 受付&リフレクション1
→お寺=仏さまの見守る空間で、心地良い音楽とともに、
 思い思いにお過ごしください。
◆13:30~13:45 ごあいさつ&リフレクション2
→Temple主宰・小出遥子のごあいさつののち、
 お坊さんと一緒に、参加者全員でお経を読みます。
◆13:45~14:30 ダイアローグ1
→Temple Web掲載の
 「二階堂和美さんとの対話/いのちの記憶はのこり続ける」
 という記事から感じたことを、参加者同士、少人数のグループに分かれて
 シェアリングしていただきます。(事前に当該記事を各自でお読みになった上で
 ご参加くださいますよう、お願いいたします。)
◆14:30~14:45 休憩
◆14:45~15:30 ダイアローグ2
→グループのメンバーを変えて、引き続き、少人数で対話をしていただきます。
 後半のダイアローグのテーマは、ズバリ「いのち」。
 ご縁にしたがって、ざっくばらんに対話をおたのしみください。

《ご参加にあたってのお願い》

・プログラムの進行上、Temple Web掲載の 
 「二階堂和美さんとの対話/いのちの記憶はのこり続ける」 を
 事前にかならずお読みいただいた上でご参加ください。
・Templeは議論の場ではありません。ご自身のお考えを押しつけることなく、
 違った意見もやわらかい心で受けいれましょう。
・全員が心地よくダイアローグの時間を過ごせるよう、
 各グループごとに、お気遣いと工夫をお願いいたします。
 (例:ひとりの方だけが話し過ぎることのないようにする、など)

上記のルールをお守りいただくことが難しい方は、ご参加をご遠慮ください。
もし、このルールに反するような振る舞いが見られた場合は、
その場でご退場いただくこともございます。
安心・安全な場作りのため、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

会場:髙願寺至心学舎
(JR南武線・東急東横線「武蔵小杉」駅 北口バスロータリー1番のりば(市営バス)、もしくは2番のりば(東急バス)より、バス停5つ目「市営等々力グランド入口」下車すぐ)
http://www.kouganji.net/index.html

定員:30名(先着順)

参加費:2000円(当日、受付にてお支払いください)

お申し込み: こちら↓のフォームよりお願いいたします。
http://ur2.link/Ccn0 

お問い合わせ:temple00001.info@gmail.com 
※髙願寺への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

主催:Temple運営事務局(主宰・小出遥子)

===========================================

Temple Website:http://temple-web.net/
Temple Facebookページ:https://www.facebook.com/temple00001
Temple Twitter:https://twitter.com/Temple00001