インターネットと「自分」

2015年1月9日

「インターネットってもはや神だよね」

 

「インターネット神(しん)だね」

 

「しかもかなり位の高い神だよね」

 

「タカミムスビ、カミムスビぐらい?」

 

「“結び”の神だからねえ」

 

「ばっちりじゃん!!!」

 

 

 

……こんな、割と頭のおかしい会話を、クリスマス近辺の東京都心のかなりお洒落なカフェ居酒屋みたいなところで、人目もはばからずに大声で成立させたのが、私の先月のハイライトでしたが(どんなだ)、

 

たしかに、インターネットって、もはや、存在そのものが「神」みたいになっているところってありますよね。

 

 

 

2014年は私にとってものすごく素敵な出会いのラッシュの年でしたが、そのきっかけは、ほとんど、インターネットが与えてくれました。

 

会いたい人とのご縁を、インターネットは最短・最速で結んでくれます。

 

とてつもなく、ありがたい存在です。

 

 

 

なんて、こんな風にインターネットというものを礼賛している私ですが、実は去年の春まで、2~3年間ほど、その恩恵をほとんど受けない生活をしていました。

 

自分の意志で、ネットなしの生活を選んでいたのです。

 

 

 

ネットなしでどのぐらい生活できるのか知りたかった、というのは実は表向きの理由で、

 

本当は、その頃、ちょっと、というか、かなり、インターネットというものに依存している自分が嫌になってしまっていたんですね。

 

疲れてしまっていた。

 

それで、少し休憩しよう、と。

 

結構、かっこ悪い理由だったんです。

 

 

 

まあ、そうは言っても、自宅にネットをひいていないというだけで、ネット環境から「完全に」離れたわけではなかったのですが、それでもすべてのSNSから一気に退会して、頭に流れ込んでくる情報の量をかなり絞り込むようにはしていました。

 

携帯もぜったいにスマホには変えなかった。

 

依存してしまいそうな自分がいたからです。

 

とにかく、依存が恐ろしかった。

 

というか、なにかに依存したがる自分が恐ろしかったんです。

 

 

 

ネットの世界から意識的に離れている間に、私は、私自身を整えよう、と努力しました。

 

依存体質を改善しようと思ったのです。

 

自分の足で立って歩けるようになろう、と。

 

とにかく、自分自身を信頼できるようになろう、と。

 

 

 

からだを整え、こころを整え、人間関係を整え、日々触れる情報も整えて……。

 

 

 

で、ある日。

 

あ、もう大丈夫だな、って思ったんですね。

 

もう大丈夫。私は、私の中に、「軸」を見つけた。

 

そこを基準にしている限りは大丈夫。

 

もう、外側のなにかに翻弄されることはないだろう。

 

もう、大丈夫。

 

そう思えたんです。

 

 

 

そう思ってから、インターネットの世界に戻ってくるまでに、まだ少し時間はかかったのですが(「機」を見ていたのです)、

 

でも、結果として、このネットから離れていた数年間は、私にものすごく大きな恩恵を与えてくれた。

 

 

 

私は、インターネットというものが好きです。

 

ありがたいし、とても大切なものだと思っています。

 

人類の宝だと思います。

 

 

 

でも、前はぜったいにこんな風に言えなかった。

 

「ありがたい」と「しんどい」がまったく同じ分量あった。

 

まさに「愛憎相半ばする」ってやつです。

 

でもね、すべては、自分の問題でした。

 

自分に軸を持てなかったから、境界線があいまいすぎたから、どんどん苦しくなってしまっていたのですね。

 

いま振り返って考えてみれば、これほどわかりやすい話もありません。

 

 

 

自分がどういう人間で、どういう場面で、どういった理由から、インターネットを必要とするのか……

 

ネットから離れた数年のおかげで、私は、それらすべてに、自信を持って答えられるようになりました。

 

そうして戻ってきたインターネットの世界は、私に、かつて考えられなかったほどのギフトを用意してくれていました。

 

 

 

なににおいても、「主体的に関わる」というのはとても大事なことなのかもしれません。

 

なにせ、自分が楽です。

 

 

 

絶対的に「良い」ものも、絶対的に「悪い」ものも、この世には存在しません。

 

なにかを「悪者」にしてしまうのは「自分」なのね。

 

ぜんぶ、「自分」が決めている。

 

つまり、逆に言えば、「自分」さえ整っていれば、なににもとらわれずに、自由に、軽やかに、さわやかに、生きていけるということで。

 

 

 

まあ、こんなこと言う私も、ちょっとこころやからだのバランスを崩すと、インターネットの海の中に「闇」的な部分を見てしまって、ベコベコに凹んだりすることもあるんですけどね……。

 

あはは! ぜんぜん偉そうなこと言えないじゃんっていうね。

 

まだまだ修行の途中です。

 

精進します!

 

 

 

 

 

このブログも、たくさんの出会いを運んでくれています。

 

インターネット神の「結び」の力に感謝するばかり。

 

いつも本当にありがとうございます。