どうにもならないことなんかない

2017年5月12日

おはようございます。小出遥子です。

私は、この世には、なにひとつ、
どうにもならないことはないのだと思っています。

思うどころか確信しています。
そこに関しては任せ切ってしまっているんです。

どうにもならないことは、
どうにもならないなりにどうにかなっていく。

だから、
ほんとうに、どうにもならないことなんかない。

なぜなら、諸行無常だから。
すべて、瞬間ごとに移り変わっていくのだから。

どんなにこう着状態に思える事態だって、
ずっと同じということはない。
いつかはかならず過ぎ去っていく。

だから、
ほんとうに、どうにもならないことなんかない。

それに、過ぎ去っていくものの根底には、
いつだって、決して過ぎ去ることのない「なにか」があって、
そこから見れば、ほんとうのところ、
すべてはただ起きていて、しかも、起きていないことがわかる。

不生不滅で不垢不浄で不増不減な、その「なにか」こそが
“ほんとうの自分”であることを思い出せば、
絶対的な「大丈夫」をこころに据えて生きていくことができる。

ほんとうに、どうにもならないことなんかない。
そもそも、なにも起きていないのだから。

たとえ死んでも大丈夫。
死ぬときは、死ぬというかたちで、どうにかなっていく。

それに、そもそも、私たち、生まれてもいない。
だから、死ぬこともない。

……究極的なことを書いてしまいました。
でも、ほんとうのことです。

どうにもならないことなんか、なにひとつ、ないです。

よい一日をお過ごしください◎

 

≪今後のスケジュール≫

【5/28(日)】Temple@瑞因寺
(名古屋でのTemple初開催!)

【5/30(火)】Temple@神谷町光明寺(ゲスト:プラユキ・ナラテボーさん) ※満員御礼

【6/5(月)】Temple@髙願寺
(ゲスト:小笠原和葉さん)

【7/23(日)】Temple School 特別イベント第2弾
(ゲスト:横田南嶺さん、藤田一照さん)